ホーム | フリーソフト  l  Windows 10


Windows 10 Ver 1083  仮想デスクトップ
複数のデスクトップを作成してデスクトップ間を自由に切り替えて作業を出来ます。
主な機能
複数のデスクトップ画面を作成。
デスクトップ画面間でアプリ、フォルダ等を移動。
タイムライン
アクティビティ履歴を有効にして最大30日間タイムラインで過去の履歴を使用できるとの事です。 下部にて紹介。
Alt + Tab キー
Vista から投入のウィンドウスイッチャーを仮想デスクトップで使えます。

 マイクロソフト参考ページ  アクティビティ履歴とプライバシー
 サインインが必要です  プライバシーを管理する
 最終更新日  2018年9月10日
スポンサーリンク


仮想デスクトップ画面の表示順序
Windows ロゴ + Tab キーを同時に押します。
タスクバーの [ タスクビュー ] アイコンをクリック。
タスクバーを右クリックから [ タスクビューボタンを表示 (V) ] を選択してタスクバーに表示出来ます。
Alt + Tab キー
ウィンドウスイッチャーにてデスクトップに起動のアプリ、表示のフォルダ等を一覧表示。 マルチタスク設定で全てのデスクトップ上のものを一覧表示する事も出来ます。

仮想デスクトップメニュー ( ...... ともいえる? ) 画面です。
マウスをあてるとデスクトップの内容が表示され、クリックで表示されます。 +  新しいデスクトップをクリックでデスクトップを追加作成できます。
アプリ、フォルダ等をマウスでとらえて、他のデスクトップ画面へ ドラック&ドロップ で移動できます。


マルチタスク設定
スタートボタン _ 設定 _ システム _ マルチタスクを選択
タスクバーの表示設定と Alt + Tab キー ( ウィンドウスイッチャー ) の設定




@ タスクバーに次の場所で開いているウィンドウを表示する
タスクバーに現在使用のデスクトップに表示のものだけを表示するのか又はすべてのデスクトップ画面に表示されているものをタスクバーに表示するのかを指定します。
A Alt + Tab キーを押したときに次の場所で開いているウィンドウを表示する
( Vista から投入されたウィンドウスイッチャー機能を仮想デスクトップで使えます )

デスクトップに表示のアプリ、フォルダ等を一覧表示してその中から使いたいものを選択して表示するものです。

使い方は Alt + Tab キーを同時に押した後、 Alt キーを押しながら Tab キーを順次押して使いたいものを選択して表示します。 選択はマウスで選択してもよいです。

使用中のデスクトップのみ
現在使用のデスクトップで使用のアプリ、フォルダ等を一覧表示。
すべてのデスクトップに表示
すべてのデスクトップで使用のものを一覧表示。



タイムライン - 履歴を使用出来ます
[ アクティビティーの履歴 ]  を有効にしてタイムラインから過去の履歴を参考に出来ます?サポートされるのは Microsoft Edge / Word ドキュメント等。
スタートボタン _ 設定 _ プライバーシー _ アクティビティーの略歴を選択

@ Windows でこの PC からのアクティビティを収集する
数日間ローカルに保存されてタイムラインで確認して履歴を参考に。
A Windows でこの PC からクラウドへのアクティビティを同期する
最大で 30 日間タイムラインで確認できるだけでなく、後日別のデバイスで作業を中断した時点から再開することもできます。 マイクロソフトにサインインする必要があります。 

Windows 10 メインページへ戻ります

 スポンサーリンクと他のページの紹介


ホーム | フリーソフト l 特集ページ l リンク l サイトマップ
Windows 98 | Windows XP  | Windows Vista | Windows 7 | Windows 8 | Windows 10
利用規約 及びリンクについて | プライバシーポリシー | メール送信フォーム
Copyright (C) Mikasaphp All Rights Reserved