ホーム Windows 10


Windows 10  スタート画面
よく使うアプリ、フォルダ等を登録、又スタート画面の縦横の外枠をマウスで捉えて拡大縮小。登録のアイコンを [ タイル ] と言い、タイルの一つの集まり?を [ グループ ]  といいます。グループは名前部分をマウスで捉えて好きな場所へドラックして配置できます。
関連ページ

 最終更新日  2020年3月18日
スポンサーリンク


スタート画面を大きく使う
カテゴリ別にタイルをグループ化して配置し、 [ すべてのアプリ ] は未表示にしています。
スタート画面をスリムに使う
Windows XP/7 時代のスタート画面のように?

スタート画面の縦横の外枠をマウスで捉えてドラックして画面を拡大縮小できます
スタートメニューに表示するフォルダを選ぶ

ユーザーフォルダの登録
スタートボタン _ 設定 _ スタートを選択 _ 下部の [ スタートメニューに表示するフォルダーを選ぶ ] を選択、以下で指定できます。
スタートボタン右クリックメニュー
システムの機能等をここから起動できます。

休止状態を有効に こちらを参考に
スタート設定
スタートボタン _ 設定 _ スタートを選択

スタートのタイル表示数を増やす
グループタイルが横4列になります。
スタートメニューにアプリ一覧を表示する
すべてのアプリは常時表示されなくなります。
スタートメニューまたはタスクバーのジャンプリスト .....
最近使ったものをすべてのアプリ、タスクバー起動のものの右クリックメニューに表示するものです。

スタート画面に登録の Firefox / IE 等の右クリックメニューにも表示。 適応はアプリ、ファイルによる。
スタートメニューに表示するフォルダーを選ぶ
スタートボタンのすぐ上の電源ボタンの上に表示するユーザーフォルダです。

Windows 10 メインページへ戻ります

 スポンサーリンクと他のページの紹介

ホーム | フリーソフト l 特集ページ l リンク l サイトマップ l 更新履歴
Windows 98 | Windows XP  | Windows Vista | Windows 7 | Windows 8 | Windows 10
利用規約 及びリンクについて | プライバシーポリシー | メール送信フォーム
Copyright (C) Mikasaphp All Rights Reserved