ホーム フリーソフト スタートアップ 管理



Quick Startup  スタートアップ管理ツール
Windows のすべてのスタートアップを参照し、管理編集できますツールです。

一般の方は後からインストールのプログラムにのみ使用する事をお勧めします。 Windows システム関連の項目については理解できます方のみ使用されて下さい。 Quick Startup は Glary Utilities システムツールに入っているツールの一つです。
 製作者  https://www.glarysoft.com/
 入手ページ  https://www.glarysoft.com/quick-startup/
 入手サイト  https://www.softpedia.com/
 インストール  入手、インストール、日本語化.....
 参考ページ  Win 10 スタートアップ プログラムの停止
 プログラムを自動起動に設定
 不要なウィンドウズサービスの無効停止
 対応OS  XP/Vista/7/8/8.1/10  ( 32/64 bit )
 言語使用   多重言語 ・ 日本語対応
 最終更新日  2020年2月17日
スポンサーリンク


主な機能
全てのスタートアップを参照。
スタートアッププログラム/スケジュールされたタスク/プラグイン/アプリケーションサービス/ウィンドウズサービス。
編集、有効/無効、削除、追加。
セキュリティー上の評価 / 登録にコメントを書き込む / 詳細な情報を取得 - 作者サイトで表示。
延滞起動に設定。
PC 起動と同時に起動する必要が無いものを延滞させて起動させる機能で、ウィンドウズサービスではよく使われている設定です。


ツール 
Windows 管理ツールのタスクスケジューラー、ウィンドウズサービス画面を表示できます。


スタートアッププログラム
主にユーザーが後からインストールのプログラムの自動起動の登録が載っています。


作業順序
1 操作する項目を選択。
2 有効/無効ボタンを押します。
3 作業の完了。
スタートアップフォルダの場所: ここにプログラムのショートカットが入っていると自動起動します。
Windows 10
C:\Usersユーザー名\AppData\Roaming\Microsoft\Windows\Start Menu\Programs\Startup フォルダ
延滞起動に設定 - 登録を右クリックから延滞時間を指定します。
スケジュールされたタスク
Vista 以降では アカウント制御画面を出さないために  [ ユーザーが最上位の特権で実行する ]  に設定して自動起動させるものがあります。
プラグイン
アプリケーションサービス
Windows サービス

 スポンサーリンクと他のページの紹介

ホーム | フリーソフト l 特集ページ l リンク l サイトマップ l 更新履歴
Windows 98 | Windows XP  | Windows Vista | Windows 7 | Windows 8 | Windows 10
利用規約 及びリンクについて | プライバシーポリシー | メール送信フォーム
Copyright (C) Mikasaphp All Rights Reserved