ホーム | フリーソフト


DVDStyler 設定
メニューバーの構成の設定とDVD オプションより 映像/音声のビットレート値を指定したり、自動再生に設定する事が出来ます。
 製作者  http://www.dvdstyler.org/
 入手ページ  http://www.dvdstyler.org/en/downloads
 インストール  入手・インストール
 Microsoft 参考ページ  DVD の基礎 by Microsoft MSDN
 対応OS  2000/XP/Vista/7/8/8.1/10
 Mac/Linux/BSD/Solaris
 言語使用  日本語対応
 最終更新日  2018年8月15日
スポンサーリンク


構成 _ 設定
インターフェース
メニューバーの [ 構成 ] _ [ 設定 ] を選択。
[ 既定のチャプター長 ]  に事前に抽入するチャプターの間隔を分間隔 ( 動画の長さによる ) で入れておきますと ..... 楽です?

 ディスクラベル PC にのみに表示のディスク名で半角英数字で入力して下さい。 ( 何もしなくてよい )
 既定のディスク容量 DVD 5 ( 4.7 GB )
 既定の動画形式
NTSC
日本のモニター表示形式である NTSC を指定します。
PAL
形式は日本の映像機器では正常に再生されません。
リージョンフリー
両方に対応 ... DVD Styler にはありません。

[ 横縦値を維持する ] は作成設定にかかわらず有効のほうが良いかと思います。
 既定の音声形式
AC3 ( 音声形式 )  JA  ( 日本語言語 )
音声言語は使用の音声言語を指定します。
5.1
5.1 サラウンド? は作品が対応している必要があります。
Nomalize ( ノーマライズ )
音声レベルを正規化。 最適な音量にする。

 既定のチャプター長 分単位でチャプター間隔を指定。 事前に入力しておくと楽です。

DVD _ オプション
ここで映像/音声の ビットレート ( 圧縮 ) 値を指定したり自動再生に指定したりできます。
映像のビットレート
自動 : 8000 KBit/s  標準設定

ビットレート値が大きいほど画質はよくなるが容量は大きくなります。 反対にビットレート値が小さくなるほど画質は低下し、その分容量を抑える事が出来ます。 自動の場合、指定の DVD メディアに書き込めるようにビットレート値を調整してくれます。

ビットレート値 画質 出来上がり容量
  ↑ 9MB ( 最大値 ) 大きくなります
  ↓ 低いほど 小さくなります

画質重視の設定
カスタムから 9 MB  ( 最大値 ) まで指定できますが書き込める容量の限度を超えますと書き込む際に ....... 書き込めませんと通知されますのでビットレート値を固定の場合は 手動で取り込む容量をご検討?する必要があります。  
最初の再生コマンド ;
[ Jump title 1; ]  を指定して自動再生にできます。 標準で空白です。


 スポンサーリンクと他のページの紹介


ホーム | フリーソフト l 特集ページ l リンク l サイトマップ
Windows 98 | Windows XP  | Windows Vista | Windows 7 | Windows 8 | Windows 10
利用規約 及びリンクについて | プライバシーポリシー | メール送信フォーム
Copyright (C) Mikasaphp All Rights Reserved