ホーム | フリーソフト l  DVD Styler


DVDStyler ビットレート .... できるだけきれいに仕上げる
動画を作成する時に再度圧縮して作成する事があります。 圧縮比が大きいほどきれいに出来上がり、その分ファイル容量は増します。 その反対に圧縮比を押さえますとよりファイル容量を抑える事が出来ますがその分画質は低下します。 DVD を作成する際も同じです。

ビットレート値を高く [ 9 MB ] 保ちながら出来るだけきれいに DVD を作成する方法を紹介しています。
 製作者  http://www.dvdstyler.org/
 入手ページ  http://www.dvdstyler.org/en/downloads
 インストール  入手・インストール
 対応OS  2000/XP/Vista/7/8/8.1/10
 Mac/Linux/BSD/Solaris
 言語使用  日本語対応
 最終更新日  2018年8月18日
スポンサーリンク


作業順序
1 ビットレート ( 圧縮比 ) 値の設定
メニューバーの DVD _ オプションをクリックします。 映像と音声を以下のように指定して OK をクリックします。
 設定値
 映像のビットレート  カスタム から 9000 kb/s  ( 限度値 ? ) と入力。
 音声のビットレート  64 か 128
 音声圧縮値を下げてその分映像へ回します
2 動画を取り込みます
圧縮比 [ 9 Mb/s  ]  で書き込める限度を超えますとステータスバーの作品の時間を表示する部分が赤字になり書き込めません。ビットレートを  9 Mb/s  に固定では取り込むタイトルは おおよぞ 1GB ぐらいが限度のようです。
この設定で容量オーバーの場合は  ........ 収まりませんと出ます。
3 インターレースを適応
タイトルを W クリックして表示のプロパティー画面の  ボタンをクリックして、 [ 変換後の形式 ] の [ プログレッシブ ] の部分をプルダウンメニューより [ interlace ] へ変更されて下さい。 全てのタイトルに適応して下さい。
4 後は  書き込みボタンをクリックして DVD を作成してください。
[ 必要な容量 ] が 4.3 GB 以下であれば問題なく 4.7 GB DVD メディアへ書き込めるはずです。





今回のボタン設定
フォント設定をしてジャンプ先を設定するのは メニュー 2 の [ 戻る ] ボタンだけです。
メニュー ボタン ジャンプ先 全タイトル再生
 トップ メニュー 1
 (  VMGM menu 1 )
すべて再生 タイトルセット 1 タイトル 1
タイトル選択   VMGM menu 2 X
 メニュー 2
 ( VMGM menu 2 )
戻る VMGM menu 1 X

DVD Styler メインページへ戻ります

 スポンサーリンクと他のページの紹介


ホーム | フリーソフト l 特集ページ l リンク l サイトマップ
Windows 98 | Windows XP  | Windows Vista | Windows 7 | Windows 8 | Windows 10
利用規約 及びリンクについて | プライバシーポリシー | メール送信フォーム
Copyright (C) Mikasaphp All Rights Reserved