ホーム l フリーソフト l 特集ページ l Windows 10


Web ページへ Windows Media ファイルを組み込む!
ウィンドウズメディアファイルを、ウェブページに組み込む事が出来ます。

サイトにアクセスされるユーザー数又は使用のサーバーに掛かる負荷を考慮して組み込むメディアファイルの容量をウェブ上で円滑に再生出来るように最適な容量に仕上げるのがコツです!アクセス数が多い場合は、2MB〜3MB以下にするとよいでしょう。 
詳しくは、こちらを参考 → マイクロソフト

* YouTube 等の共有ビデオサイトにアップロードする方法もあります。
スポンサーリンク


組み込み!バージョン 6.4
タグデーター

<OBJECT id="MediaPlayer" width="320" height="240" classid="CLSID:22D6f312-B0F6-11D0-94AB-0080C74C7E95"
standby="Loading Windows Media Player components..."
type="application/x-oleobject" codebase="http://activex.microsoft.com/activex/controls/mplayer/en/nsmp2inf.cab#Version=6,4,7,1112">

<PARAM name="autoStart" value="false">
<PARAM name="filename" value="download/ealges.wmv">

<EMBED type="application/x-mplayer2"
src="download/ealges.wmv"
NAME="MediaPlayer" width="320" height="240"> </OBJECT>

自動再生/停止
<PARAM name="autoStart" value="True">

True で自動再生、false でスタンバイ状態
サイズ指定
width="320" height="240 2 箇所に指定、縦横比を維持して縮小拡大する。
* 288×216 縮小の限界サイズ!
ファイルの指定

1. 組み込んだページと同じ階層にwmv ファイルを置いた場合。
<PARAM name="filename" value="ealges.wmv"> と指定。
2. 「download」 と任意でフォルダを作成して中に「ealges.wmv」 ファイルを格納している。 *フォルダ階層は、「 / 」 で区切ります。
<PARAM name="filename" value="download/ealges.wmv"> と指定。

なんだかよくわからないが IBM ホームページビルダーでは以下のように自動作成されて問題なく再生できました。  [ video/x-ms-wmv ] の部分が指定のビデオです。
<EMBED src=" ビデオファイルを指定 " type="video/x-ms-wmv" autostart="false" width=" 326" height="184">


 スポンサーリンクと他のページの紹介

ホーム | フリーソフト l 特集ページ l リンク l サイトマップ l 更新履歴
Windows 98 | Windows XP  | Windows Vista | Windows 7 | Windows 8 | Windows 10
利用規約 及びリンクについて | プライバシーポリシー | メール送信フォーム
Copyright (C) Mikasaphp All Rights Reserved