Windows XP ファイルと設定の転送ウィザード


ウィンドウズの各種設定又はファイルをウィザード形式で PC から PC へ転送する機能です。


設定の保存
アクセサリー_ システムツール _ より起動します。

初めの画面です、よくお読みになって下さい。
ウィンドウズの設定を、ネットワーク環境の使用でダイレクトに他のパソコンに適応出来るようですが個人レベルでは設定のバックアップ又は上級ユーザーの方は異なるパソコンのWindowsXPに設定を一時的に適応(仕事の上で)して利用されるそんな方法もあるようです。
基本的にバックアップ範囲がファイルにまで及ぶ場合は一度ハードディスクに取ると良く、又ウィンドウズの再インストールに備えてIE、OutLook等の設定はこのウィザードにて設定をバックアップするととても便利です。このページでは最小限の設定の保存する方法をご紹介します。
* IE の場合は、お気に入りも保存されます。

設定の保存

1 「転送先の古いコンピューター」 選択
2 「その他........     」 を選択して保存先を指定する。
3 「設定のみ」 と 「次へ」をクリックしてから.........をチエックする。
4 不要なものは削除して残った項目が保存されます。又ここにてフォルダも追加可能です。
「次へ」 ボタンクリックにて保存されます。後は出来たファイルの容量によってメディアを選択してメディアに保存して下さい。

設定の適応
1 「転送先の新しいコンピューター」 を選択
2 「ウィザードディスクは必要ありません.........」 選択
.
3 保存して置いたフォルダを指定して「次へ」ボタンクリックにて反映されます。

Windows XP メインページへ戻ります


 スポンサーリンクと他のページの紹介
ホーム | フリーソフト
Windows 98 | Windows XP | Windows Vista| Windows 7 | Windows 8 | Windows 10
サイトマップ | 利用規約及びリンクについて | プライバシーポリシー | メール送信フォーム
Copyright (C) Mikasaphp All Rights Reserved