ホーム | フリーソフト l Windows 10


Windows 10 初期設定と高速化 初心者編
フォルダオプションより拡張子を全て表示する設定にし、システムのプロパティーのパフォーマンスオプションにて視覚効果を減らしてウィンドウズを軽量化して高速化します。 最後の自動起動を無効にするのは解らない場合はやめておきましょう。
作業内容
1 拡張子を全て表示する。
この設定は セキュリティ上ファイルを正しく拡張子で認識するために拡張子を全て表示する設定です。
2 視覚効果を減らす。
視覚効果 を減らしてウィンドウズを軽量化します。
3 自動起動を出来るだけ減らす。
ユーザーが後からインストールのプログラムの自動起動を無効にします。

 最終更新日  2018年8月8日
スポンサーリンク


初期設定
フォルダオプション
[ 登録されている拡張子は表示しない ] のチエックを外して 適応(A)、OKクリックで設定を確定します。
フォルダオプション 画面を表示する順序
スタートボタン _ ユーザーフォルダを表示 ( フォルダなら何でもよい )  _ 上部メニューの [ 表示 ] を選択 _ すぐ下の操作メニューの右端の [ オプション ] をクリックします。


高速化
システムのプロパティー _ パフォーマンス オプション
視覚効果にてチエックを外して無効にして、適応(A)、OKをクリックして設定を確定します。




システムのプロパティー _ パフォーマンスオプションを表示する順序
a. スタートボタン _ すべてのアプリ _ W 項目の [ システムツール ]  _  [ コントロールパネル ] をクリック _  [ システムとセキュリティー ] _ [ システム ] _ 左メニューの [ システムの詳細設定 ] をクリック _ パフォーマンスの [ 設定 ] をクリックします。
b. [ Windows + Pause  ] キーを同時に押す _  左メニューの [ システムの詳細設定 ] _ メニュータブの [ 詳細設定 ] _パフォーマンスの [ 設定 ] をクリックします。
c. エキスプローラーを表示 _ 左ツリーの PC アイコンを右クリックからプロパティー選択 _ 左メニューの [ システムの詳細設定 ] _ メニュータブの [ 詳細設定 ] _パフォーマンスの [ 設定 ] をクリックします。
d. スタートボタンを右クリック _  [ ファイル名を指定して実行 ] 画面を出し、 [ sysdm.cpl ] と入力して Enter _ メニュータブの [ 詳細設定 ] _パフォーマンスの [ 設定 ] をクリックします。  ファイル名を指定して実行は [ Windows + R ]  キーを押しも表示できます。


自動起動を無効に
タスクマネージャー _ スタートアップ
@ 無効にしたい項目を選択、A  [ 無効にする ] をクリックして停止します。 同じく [ 有効にする ] をクリックで有効になります。
タスクマネージャーの起動順序
スタートボタン又はタスクバーを右クリックより  [ タスクマネージャー ]  を選択 します。
コメン
プログラムの設定にて自動起動を無効に出来ることがありますので確認されて下さい。

Windows 10 メインページへ戻ります

 スポンサーリンクと他のページの紹介

ホーム | フリーソフト l 特集ページ l リンク l サイトマップ
Windows 98 | Windows XP  | Windows Vista | Windows 7 | Windows 8 | Windows 10
利用規約 及びリンクについて | プライバシーポリシー | メール送信フォーム
Copyright (C) Mikasaphp All Rights Reserved