ホーム フリーソフト動画ユーティリティー


真空波動研 Lite  メディア情報解析ツール 
メディアファイルの構成内容を判別するツールで、再生に何が必要なのかを調べることが出来ます。又複数のファイルを取り込んで比較する事も出来ます。

入手はウェブサイト左メニューの生産物から入手ページへ行けます。


 製作者  http://kurohane.net/
 入手ページ  http://kurohane.net/seisanbutu.html
 対応OS  2000/XP/Vista/7/8/8.1  ( 10  動作確認 )
 言語使用  日本語
 最終更新日  2020年2月25日
スポンサーリンク


主な機能
メデイア情報を解析表示
ファイル形式、映像・音声コーデック、画面サイズ、圧縮比率、フレームレート、チャンネル数、ファイルサイズ、再生時間等を解析。
拡張子自動リネーム
間違った拡張子を正しい拡張子に書き換えます。 メニューの [ 動作 ] より有効にできます。
登録ファイルをコピー/移動/削除/再生 ( 既定のプレーヤー ) /解析情報を保存等が出来ます。
起動アプリ
プレーヤー、動画編集ツール等を登録。 真空波動研 Lite の登録をクリックで読み込まれて起動します。 最大4つまで登録。


入手 -  http://kurohane.net/seisanbutu.html
1 つくりもの 項目の [ 生産物  ] をクリック します。
2 DLL をクリックして入手します。


使用方法
メディア情報を解析
メニューの [ ファイル ] 、[ 開く ] 又は画面へファイルを D&D で登録。   ボタンで既定のプレーヤーで再生できます。
a 映像
ファイル形式/画面サイズ/コーデック名/フレームレート/圧縮比率 
b 音声
コーデック名/圧縮比率/チャンネル数/圧縮比率/再生時間
最後にファイルサイズとファイルの場所が表示されます。
右クリックメニューから登録
SendTo 右クリックメニューの送るにショートカットファイルを入れて右クリックメニューより登録。
参考ページ → 送るメニューをカスタマイズ
起動アプリ
登録をクリックで既定のプログラムで読み込まれて起動できます ( 最大4 つ登録 )。 設定しなくても標準で既定のプレーヤーで再生されます。
1 メニューの  [ 設定 ] _ 起動アプリ _ 未設定 0 〜 5 までのいづれかの登録する項目を選択。
2 メニューの  [ 設定 ] _ 起動アプリ _ 設定を選択。
3 プログラムを登録します。
タイトルに後からわかるプログラム名、アプリケーションにプログラムの起動ファイル ( ....... exe ) を指定して [ OK ] をクリックします。後は [ 真空波動研 Lite ]  の登録をクリックすると指定のプログラムに読み込まれます。

HOME  フリーソフト  動画ユーティーリティー へ戻る

 スポンサーリンクと他のページの紹介

ホーム | フリーソフト l 特集ページ l リンク l サイトマップ l 更新履歴
Windows 98 | Windows XP  | Windows Vista | Windows 7 | Windows 8 | Windows 10
利用規約 及びリンクについて | プライバシーポリシー | メール送信フォーム
Copyright (C) Mikasaphp All Rights Reserved