ホーム | フリーソフト


McAfee Stinger  現在流行のウィルスを検出削除
McAfee Stinger は、特定のウイルスを検出して削除するためのスタンドアロンユーティリティです。 これは完全なアンチウイルス保護に代わるものではなく、感染したシステムを扱う際に管理者やユーザーを支援するための特別なツールです。

Stinger は、ルートキットスキャン、ヒューリスティックスキャン、又は パフォーマンスの最適化など、次世代のスキャンテクノロジを利用しています。 Stinger は [ Advanced / 詳細設定] メニューの [ 脅威リスト ] で識別された脅威を検出して削除します。

非常駐型のアンチウィルスソフトで、常駐保護機能のセキュリティーソフトは必ず別とに必要です。又McAfee Stinger は他のセキュリティーソフトと弁用出来るアンチウィルスソフトです。 

注意: アンインストールについて
設定よりルートキットスキャンを有効にした方はマカフィー製品のアンインストールツールを実行してからプログラムをフォルダごと削除されて下さい。 詳しくは下部で紹介。
 製作者  McAfee.inc
 入手ページ  https://www.mcafee.com/enterprise..
 入手サイト  http://www.softpedia.com/
 アンインストールツール  https://service.mcafee.com/
 ユーザーガイドページ
   ( Google 翻訳 )
 https://translate.google.com/translate
 対応OS  XP/Vista/7/8/8.1/10 ( 32/64 bit )
 言語使用  英語
 最終更新日  2019年3月17日
スポンサーリンク


入手 - https://www.mcafee.com/enterprise/ja-jp/do...
1 32 or 64 bit .......  をクリック、次のページで下部のの [ 今すぐダウンロード ] をクリックして保存して下さい。  
2 フォルダを作成してその中にプログラムを置いて下さい。
ファイル名は任意で [ Mcfee Stinger ]  等とフォルダを作成してその中に Stinger プログラムをおいて下さい .... なぜなら実行の際に育成されるデーターが同じ場所に作成されます。

検索順序
1 [ I Accept ]  をクリックします。
2 [ Scan ]  をクリックで検索を開始します。
感染する可能性が高い領域がスキャンされます、Customize my sca  より検索する範囲をさらに追加する事ができます。

デフォルトでは、Stingerは、スキャン時間を最小限に抑えるために、実行中のプロセス、ロードされたモジュール、およびマルウェアがマシン上で使用することがわかっているレジストリ およびディレクトリ の場所をスキャンします。必要に応じて、[ Customize my sca / スキャンのカスタマイズ ] リンクをクリックして、スキャンにドライブ/ディレクトリを追加して下さい。
Scan  について
標準で、Stinger は、スキャン時間を最小限に抑えるために、実行中のプロセス、ロードされているモジュール、およびマルウェアがマシン上で使用するレジストリおよびディレクトリをスキャンします。 いづれのスキャンでもこれは実行されるようです。
ネットワークヒューリスティックスキャン
Stinger は GTI  ファイルレピュテーションを活用し、デフォルトでネットワークヒューリスティックを中レベル ( 推薦 ) で実行します。
Blacklist - ユーザーガイドより
MD5 ハッシュをブラックリストに登録して一致するファイルを検出して削除します。

この機能を活用するには
ブラックリスト画面を表示して[ Enter Hash ]  ボタンをクリックするか、[ Load hash List ] ボタンをクリックしてMD5ハッシュを含むテキストファイルを指定することで検出できます。  SHA1、SHA 256、またはその他のハッシュタイプはサポートされていません。スキャン中、ハッシュに一致するファイルの検出名はStinger!になります<検出されたファイルのMD5の最初の12文字>。検出されたファイルに対して完全データ修復が適用され、 有効な証明書を使用してデジタル署名されたファイル、またはGTIファイルレピュテーションですでにクリーンとしてマークされているハッシュは、カスタムブラックリストの一部として検出されません。
Advanced _ Settings
検索内容を設定出来ます、 設定後 保存 ボタンで設定を確定します。 
検索結果画面 - 今回はテスト用のウィルスファイルを使用しています
9 個の脅威が検出されて 1 個削除されています。 ブラウザキャッシュファイルとテスト用のウィルスファイルが検出されましたが .... ブラウザキャッシュはキャッシュファイルをクリアにすると消えて?ウィルステストファイルは手動で削除 ...... いづれも常駐のアンチウィルスソフトで検出されるもので問題は無いようです。

左図の処理内容
Repair failed : 修理に失敗しました
No action : 何もしない
Deleted : 削除済み
隔離室


アンインストール順序 - Windows 10 Ver 1089
設定より [ ルートキット ] を有効にされた場合は ウィンドウズサービスへ登録されます。 ウィンドウズサービスへの登録を抹消するには?マカフィー製品のアンインストールツールの MCPR - McAfee Consumer Product Removal tool を初めに実行されてください。

1 フォルダごと削除します。
2 C ドライブ直下に作成の隔離室フォルダを削除してアンインストールの終了です。
場所 - C:\Quarantine フォルダ

タスクマネージャーにて確認:
mfevtps.exe のプロセスがありましたらウィンドウズサービスへ登録されています
Ctrl + Shift + Esc キーを同時に押して [ タスクマネージャー ]  を起動してメニュータブに [ プロセス ]  を選択。
ウィンドウズサービスに登録 :
ウィンドウズ + R キーで [ ファイル名を指定して実行 ]  より [ services.msc ]  と入力して Enter でもよい。

 スポンサーリンクと他のページの紹介


ホーム | フリーソフト l 特集ページ l リンク l サイトマップ
Windows 98 | Windows XP  | Windows Vista | Windows 7 | Windows 8 | Windows 10
利用規約 及びリンクについて | プライバシーポリシー | メール送信フォーム
Copyright (C) Mikasaphp All Rights Reserved