ホーム | フリーソフト l  EagleGet


EagleGet 2.0.5.20  FFMpeg の適応
EagleGet へファイル変換に使用する FFMpeg プログラムを適応する順序を紹介。
FFMpeg プログラムを適応するとダウンロードしたファイルを WMV/MPEG/MOV/WEBM/MKV/FLV/MP3 ファイルへ変換できます。
 製作者  http://www.eagleget.com/jp/
 入手ページ  メインページより入手できます。
 ポータブル http://www.eagleget.com/download..
 Chrome 拡張機能  https://chrome.google.com/webstore/
 対応OS  XP, Vista/7/8/10 ( 32/64 bit )
 言語使用  日本語対応
 最終更新日  2019年5月4日
スポンサーリンク


FFMpeg プログラムの入手
1 Eagle Get 上部メニューのギア型のアイコンの  [ 構成設定 ] を選択、左メニューより [ 自動操作 ] を選択します。
2 右下の [ FFMpeg をダウンロード ] をクリックして入手します。
3 ダウンロードされましたら  新規ダウンロード画面をOK をクリックして閉じます。
4 FFMpeg がダウンロードされて適応されています。
以下は  FFMpeg  が格納されている EGDownload  フォルダを Windows  の ダウンロードフォルダに移動しています。
FFMpeg  プログラムを移動するには?
標準で EGDownloads  フォルダがドキュメントフォルダ内に作成されてこのフォルダ内にFFMpeg がダウンロードされます。 EGdownloads プログラムを他に移すには移した後に [ 参照 ] から  FFMpeg を指定するとよいです。変更後完了ボタンをクリックします。
注意:
構成設定 _ 一般の [ デフォルトの保存先 ]  の [ 最後に使用したフォルダを維持 ] が有効の場合は以後、このフォルダにダウンロードされますので無効にしておきましょう。

EagleGet  メインページへ戻ります


 スポンサーリンクと他のページの紹介


ホーム | フリーソフト l 特集ページ l リンク l サイトマップ
Windows 98 | Windows XP  | Windows Vista | Windows 7 | Windows 8 | Windows 10
利用規約 及びリンクについて | プライバシーポリシー | メール送信フォーム
Copyright (C) Mikasaphp All Rights Reserved