ホーム | フリーソフト


Defender Control v1.2  Windows defender を無効化
Windows Vista より標準で Windows に実装されたアンチウィルスソフトの Windows Defender を無効化するソフトです。

Windows サービスの設定は スタートアップの種類は [ 手動 ] で サービスの状態は[ 停止 ] の状態になります。

注意: Windows 10
Windows デフェンダーセキュリティーセンターを無効後に関連するプログラム?が暴走する ( CPU 使用率が跳ね上がる )  ことがありました。 この設定変更は一般のユーザーにはお勧めできません。
スポンサーリンク
 製作者  http://www.sordum.org/
 入手ページ  http://www.sordum.org/...
 対応OS  Vista/7/8/10 ( all 32/64 bit )
 言語使用  日本語対応
 最終更新日  2017年9月23日


主な機能
Windows Defender の無効と有効。
Windows Defender のプログラム画面を表示.。
メニュー: Windows Defender の設定画面を表示。
ポータブル版ですので好きな場所へ解凍されてお使いください。


入手  http://www.sordum.org/9480/defender-control-v1-2/
入手ページ下部の Download  より入手します。  


起動画面です
緑 で有効、赤で無効、オレンジでリアルタイム機能が無効の状態となります。


Defender が無効の状態です
[ Disable Windows Defender ] をクリックして無効にし、 [ Enable Windows Defender ] をクリックして有効にします。 設定後に PC を再起動する必要はありません

Defender のリアルタイム保護が無効の状態です


ディフェンダーは停止の状態です 〜コンピューターの管理ツールで確認できます
スタートボタンを右クリック _ コンピューターの管理(G) _ 左メニューのサービスとアプケーション _ サービスを選択します。
( 以下はディフェンダーとファイヤーウォールは無効の状態です )
Windows Defender Antivirus Service のプロパティー画面 〜ディフェンダーは停止の状態です
サービスを W クリックしてプロパティー画面を表示して設定変更できます ( 変更できないサービスもあります )。ディフェンダーは標準で停止できません。


 スポンサーリンクと他のページの紹介


ホーム | フリーソフト
Windows 98 | Windows XP | Windows Vista | Windows 7 | Windows 8 | Windows 10
サイトマップ | 利用規約及びリンクについて | プライバシーポリシー | メール送信フォーム
Copyright (C) Mikasaphp All Rights Reserved