ホームフリーソフトメディアプレーヤー


自動再生の不要な登録を手動で削除
メディアプレーヤーアンインストール後に不要に残った自動再生の登録を手動で削除します。 要因として DVD ディスクドライブの設定を残したままアンインストールしているのが主な要因です。

レジストリデーターを編集して自動再生の登録を抹消します。 Windows の根幹であります レジストリデーターの編集は間違えますと大きなトラブルになりかねませんのでバックアップしてから編集又は自信がない場合は何もしない事を勧めます。

レジストリーデーターの編集に自信がない方は?
不要に残ったメディアプレーヤーを再インストールして DVD ドライブのディスク設定を解除してからアンインストールされて下さい。 ( VLC プレーヤー、MPC-BE プレーヤー等は設定で登録を解除出来ます )
レジストリ編集する前にバックアップ!
Windows 10:  復元ポイントを打ち込む か又は編集するレジストリキーをバックアップ ( このページで紹介しています ) 。

 最終更新日  2021年6月5日
スポンサーリンク



自動再生のプレーヤー選択画面
DVD ドライブを右クリックから [ 自動再生 ]  を選択、以下のプレーヤー選択画面に既にアンインストール済みの不要なメディアプレーヤーの登録がありましたら削除します。..以下は無登録の状態です。


作業順序
1 レジストリエディターの起動
起動は、 Windows + R キーを同時に押して [ ファイル名を指定して実行 ] を表示して [ regedit ]  と入力して OK で起動。

スタートボタン _ すべてのアプリ _ 管理ツール_ レジストリエディター
レジストリエディターの場所  C:\WINDOWS\regedit.exe にあります。
2 開くレジストリキー
HKEY_LOCAL_MACHINE\SOFTWARE\Microsoft\Windows\CurrentVersion\Explorer\AutoplayHandlers\Handlers
作業前にバックアップ:
Handlers キーを右クリックからエクスポートでバックアップします。復元はバックアップしたレジストリファイルを W クリックして復元する。
削除:
Handlers キー以下に不要に残っているプレーヤーがありましたらマウスで選択して Deleteキーで削除します。以下は VLCメディアプレーヤーが不要に残っています。
3 PC を再起動して作業の終了です。

HOME  フリーソフト  メデイアプレーヤー へ戻る

 スポンサーリンクと他のページの紹介


ホーム | フリーソフト l 特集ページ l リンク l サイトマップ l 更新履歴
Windows 98 | Windows XP  | Windows Vista | Windows 7 | Windows 8 | Windows 10
利用規約 及びリンクについて | プライバシーポリシー | メール送信フォーム
Copyright (C) Mikasaphp All Rights Reserved