ホーム | フリーソフト


XMedia Recode 3.2.36  メディア変換ソフト
動画、音声ファイルをカスタム設定にて詳細に編集して変換したり又は各種デバイス用の変換プロファイルを使用して簡単な作業で変換する等一般ユーザーから上級のユーザーまでも使える多機能なメディアコンバートソフトです。 他にドライブレコーダーやデジカメで録画したモーションJPEG-AVI 映像の明るさを調整したり動画、オーディオファイルの音量を補正 ( ノーマライズ ) する等の編集も出来ます。
スポンサーリンク
主な機能
各種メディアファイルの変換と切り出し保存。
各種デバイス用の変換プロファイルが用意されています。
クロップ/プレビュー (シャープネス、フェード効果、明るさ調整等の映像編集機能 )。
字幕、タグ編集、チャプター入力。
動画、オーディオファイルの音量を補正 ( ノーマライズ/正規化 )。
非保護の DVD / ブルーレイディスクの変換。
DirectX 9 以上が適応の必要があります。

 製作者  Sebastian Dorfler
 DOWNLOAD  http://www.xmedia-recode.de/download.
 DOWNLOAD  http://www.softpedia.com/
 対応OS  XP SP3/Vista/7/8/8.1/10
 言語  日本語対応
 最終更新日  2016年7月12日


作者 - 入出力ファイル形式参考ページ
プロファイル 用意されている変換設定です
Apple、Asus、Archos、BlackBerry、Cowon、Creative Labs、DVD Player (Standalone)、Epson、HTC、LG、Microsoft、Motorola、Nokia、O2、Palm、Philips、iRiver、SanDisk、Samsung、Sony、Sony Ericsson、Mobile、 Toshiba、Vodafone
入力形式
3GP、3G2、AAC、AC3、AIFF、AMR、ASF、AVI、AVISynth、AU、DVD、DIVX、DTS、E-AC3、FLAC、FLV、H261、 H263、H264、M2TS、M1V、M2V、M3U、M3U8、M4A、M4P、M4V、MKA、MKV、MMF、MP2、MP3、MP4、MP4V、MPEG-1、 MPEG-2、 MPEG-4、 MOV、OGG、 OGM、 OGV、 PVAREC、 RM、 RMVB、 SVCD、 SWF、 TS、TRP、VCD、 VOB、 WMA、 WMV、WPL
字幕
ass、jss、js、ssa、srt
出力形式
3GPP、3G2、AAC、AC3、AMR、ASF、AVI、FLV、H261、H263、H264、M1V、M2V、M4A、M4V、MMF、MP2、MP3、MP4、MPEG 1MPEG 2、MPEGTSMOV、MKA 、MKV 、OGG、OGM、SVCD、SWF、VCD、VOB、WAV、WMA、WMV
* WMV9 は未対応
プレイリスト
m3u、pls、wpl


入手  http://www.xmedia-recode.de/download.html
インストール版とポータブル版を配布しています。


変換順序
以下の順序で変換したいファイル形式へ変換できます!

変換順序 - PC 内の動画ファイルを変換
1 変換するファイルを [ ファイルを開く ] 又は画面へ ファイルをD&D にて取り込みます。
2 変換する形式を選択。
変換のプロファイルを使う、又は カスタムを選択して好きに変換設定出来ます。
プロファイルを使って変換する
以下は YouTube 用のプロファイルを選択
カスタムより手動で設定して変換する
以下は [ プロファイル: ] にカスタムを選択して [ 形式 : ]  にMP4 を指定しています。 後は必要でしたら映像、音声トラックより各々設定します。
映像の変換設定 ( 一例 )
以下は PC 用の設定です。
項目 設定 コメント
モード : 変換を指定します。 変換とコピーを選択できますが今回は変換を選択。
コーデック : MPEG-4AVC/H.264
フレームレート : 29.97
レート制御モード : 平均ビットレート
ビットレート : 1800 ファイル容量を小さくするのなら 1300 〜1500 ぐらいにしてみて下さい、その分画質は落ちます。
音声の変換設定 ( 一例 )
項目 設定 コメント
モード : 変換を指定します。 変換とコピーを選択できますが今回は変換を選択。
コーデック : AAC ( faac )
サンプルレート : 44100
チャンネル そのまま
レート制御モード : 平均ビットレート
ビットレート : 128
MPEGバージョン : MPEG - 4
オブジエックトの種類 : LC
クロップ/レビューより映像の画質を編集又は切り出し編集等が出来ます
[ フィルター追加 ] よりさらに使いたいフィルターを追加できます。
映像の明るさを上げたい時
フィルターの [ 色補正 ] を選択して、[ カラー補正を有効 ] をチエックして、明るさのレベルを調整します。
切り出し - 必要な部分を変換
クロップ/レビューより以下の画面で切り出し開始点 と 切り出し終了点を指定して実行します。
3 保存先を指定します。
4 [ リストに追加 ] ボタンをクリックします。
5 [ エンコード ] ボタンをクリックして実行します。
6 以下の画面が出ましたら変換の終了です。


オーディオファイルの音量を補正
音量 を 89db に補正 ( 正規化 ) します。
MP 3 ファイルの音量を補正してみます。
1 MP3 ファイルを取り込んで [ プロファイル ]  に カスタムを選択して[ 形式 ] と [ ファイル拡張子 ] に MP3 を選択して、 [ 出力ストリーム形式 ] を [ 音声のみ ] に設定します。
2 編集のメニュータブの [ 音声トラック 1 ] で [ 音量補正 ] を選択して右側にて 音量補正に[ 音量の正規化 ] を選択して、 [ 分析 ] ボタンをクリックします。 89.0db が音量を補正する基本レベルとなり、 トラックゲインが音量の補正値です。 後は [ リストに追加 ] をクリックして [ エンコード ] をクリックして音量補正を実行します。

MP4 動画ファイルの音量を補正してみます。
映像はコピーして再圧縮しないで音声のみを補正編集します。
1 MP4ファイルを取り込んで [ プロファイル ]  に カスタムを選択して [ 形式 ] と [ ファイル拡張子 ] に MP4 を選択、 [ 出力ストリーム形式 ] を [ 映像+音声 ] に設定します。
2 メニュータブに [ 映像 ] を選択して [ モード ] 設定に [ コピー ] を選択します。
3 メニュータブの [ 音声トラック 1 ] を選択して [ モード ] 設定に [ 変換 ] を選択、 [ 音量補正 ] に [ 音量の正規化 ] を選択して [ 分析] をクリックします。  後は [ リストに追加 ] をクリックして [ エンコード ] をクリックして音量補正を実行します。


 スポンサーリンクと他のページの紹介

ホーム | フリーソフト
Windows 98 | Windows XP | Windows Vista | Windows 7 | Windows 8 | Windows 10
サイトマップ | 利用規約及びリンクについて | プライバシーポリシー | メール送信フォーム
Copyright (C) Mikasaphp All Rights Reserved