ホーム | フリーソフト


Windows old フォルダの削除とファイルの取得
Windows Vista/7/8/8.1/10 にて再インインストール又はアップグレードの際に育成される以前のウィンドウズにて作成されたファイルがバックアップされている C ドライブ直下に作成の Windows old フォルダを削除又は old フォルダから必要なファイルを取得する順序を紹介します。  Windows.old フォルダを削除しますと以前のウィンドウズには戻せなくなります。
スポンサーリンク
 対応の OS  Vista/7/8/8.1/10
 最終更新日  2017年1月10日


Windows.old フォルダ について
ウィンドウズインストールのパーテーションをフォーマットせずに元の場所へそのままウィンドズをインストール又はアップグレード、リフレッシュ、リセットした場合、その時点から 28 日間個人のファイルは C: ドライブ直下に [ Windows.old ] フォルダとしてバックアップされ、この期間が過ぎるとこのフォルダは自動に削除 ( ほとんど ) されます。 


Windows.old フォルダの削除順序
1 ディスククリーンアップツールを起動します。
コンピューター _  C ドライブを右クリックよりプロパティーを選択 _ [ ディスクのクリーンアップ ] をクリックします。
...... 少し待ちます。
2 [ システムファイルのクリーンアップ ] をクリックします。
...... 又 少し待ちます。
3 削除するファイル一覧の [ 以前の Windows のインストール ] にチエックを入れてOKをクリックします。
4 [ ファイルの削除 ] をクリックしてクリーンアップを実行します。
5 ボリューム (C:) のプロパティー画面を閉じてすべて終了です。


Windows.old フォルダからファイルをコピー
1 コンピューターを表示して C ドライブを Wクリックします。
2 [ Windows.old ] フォルダを Wクリックします。
3 [ ユーザー ] フォルダを Wクリックします。
4 [ 自分のユーザー名 ] を W クリックします。
5 必要なファイルが入っているフォルダを開いてコピーしてデスクトップ等に張り付けて保存します。


 スポンサーリンクと他のページの紹介


ホーム | フリーソフト
Windows 98 | Windows XP | Windows Vista | Windows 7 | Windows 8 | Windows 10
サイトマップ | 利用規約及びリンクについて | プライバシーポリシー | メール送信フォーム
Copyright (C) Mikasaphp All Rights Reserved