ホーム | フリーソフト| Windows 7


Windows 7    VirtualPC + Windows XP Mode 
Windows 7 のデスクトップ上 に Virtual PC ( 仮想化領域 ) を作成して、その中に異なる OS をインストールしてマルチブート環境を構築する事が出来ます。 Virtual PC は、 Windows 7 のオプション コンポーネントです。

VirtualPC と XP Mode 入手に認証が必要です。 認証の手順はすぐ下に紹介しています。

スポンサー
 製作者 .microsoft.com/...
 対応OS Windows 7  (  Starter を除く )
 VirtualPC 入手 http://www.microsoft.com/ja-JP...
 XP Mode 入手 http://www.microsoft.com/ja-JP...
 XP Mode 更新ファイル http://www.microsoft.com/ja-jp...
VirtualPC + XP Mode インストール順序
VirtualPC + XP Mode アンインストール順序
仮想マシーンの新規作成とOSのインストール
 言語使用 日本語
 最終更新日 2013年11月11日


vhd, vmc ファイルをコピーしてバックアップしておくと問題発生の際に元の場所に戻して復元出来ます。
XP - Mode に問題 ( フリーズ ) が発生の場合にバーチャル PC を 強制的に終了する場合は、「 シャットダウン 」 を選択して下さい。 
問題発生時に 「 休止j状態 」 を選択の場合は XP - Mode を起動出来なくなる事があるようです。 休止状態から起動できない場合は、XP - Mode データー内の 「 Windows XP Mode.vsv 」 ファイルを削除してみて下さい。

VirtualPC と XP Mode 入手に認証が必要
続行クリック→ GenuineCheck.exe をクリック→クリップボードにコピーをクリック→検証コードを入力して検証ボタンをクリックしてダウンロード出来ます。 検証コードは両プログラムに使用出来ます。

OS のサポート状況
 ホストOS  Windows7 Basic、 Premium、 Professional、 Ultimate、 Enterprise
 ゲストOS  WindowsXP SP3 Pro、 WindowsVista Enterprise SP1 / Ultimate SP1 / Business SP1
  Windows7 Pro /        Ultimate /   Enterprise
 WindowsXP Mode  Professional  /  Ultimate / Enterprise

 * Vista Business SP1、 7 Professional  > 仮想アプリケーション機能未対応。

ゲスト OS のインストール最小条件
ゲスト OS HD 使用容量 メモリ使用容量
 Windows XP  2GB  128MB
 Windowds Vista  15GB  512 MB
 Windows 7  16GB  1GB 以上

HAV ハードウェアー仮想化支援機能について → 一般ユーザーはここは無視してよいです
* Windows 7 Virtual PC + Windows XP Mode は、 HAV ( ハードウェアーの仮想化 ) 機能が無くても使えます。 
( 開発環境ではあったほうがよいとの事 )
* TXT [ インテルR トラステッド・エグゼキューション・テクノロジー ] 機能搭載のPCは、XP Mode を実行するには 、TXT を BIOS 設定にて無効にする必要があります。

Hardware-Assisted Virtualization Detection Too
ハードウェアーの仮想化の対応度を確認するツール
IntelR Virtualization Technology List
インテル CPU バーチャリゼーション対応リスト! 左メニューから各当項目を選択して右に展開表示して確認。

スタートメニュー

Windows Virtual PC
ユーザーフォルダ内の 「 仮想マシーン 」 フォルダを表示します。 
仮想マシーンフォルダには、 作成されているすべての 設定 (vmcx ) ファイルが格納されます。
Windows XP Mode
XP Mode を起動するショートカットアイコンです。 仮想マシーンへインストールされている OS を起動する ショートカットアイコンは、順次登録されます。
Windows XP Mode アプリケーション
XP Mode へインストールのプログラムの起動用のショートカットアイコンが登録。 バーチャル PC 画面を出さずに、プログラムのみを単独で起動出来ます。

仮想化画面

メモリ 仮想 PCへインストールの OS へ 割り当てるメモリ量です。 
ハードディスク 1 , 2, 3 C ドライブ 以外にデーター用のドライブを作成できます、作成ボタンから追加作成し、なしを選択で取り消しになります。 
ディスクの復元 復元ディスク機能は、 OS へ加えた変更を別の領域へ記録して後から必要なら 「 変更の適応 」 で適応し、 不要なら 「 変更の破棄 」 にて無いことにして元の環境を汚さずに維持する事が出来る機能です。 

復元機能を有効にした時点から変更したデーターは、別の [ vud ] ファイルに一時的に保存 ( vhd ディスクと同じ場所に作成される ) されます。 この機能は、仮想化フォルダに登録のすべての仮想化マシーンに適応され、特定のマシーンにのみ適応することは出来ないとの事です。  
統合機能 仮想 PC から直接メインPC ドライブを参考にできるようになる等、メイン PC と共有できます。 

統合機能が有効にならない?又はインストール出来ない時 by Windows 7 SP1 32bit
一時統合機能を XP Mode 上でアンインストールし、[ C:\WINDOWS\system32\drivers\wdf01000.sys ] の [ wdf01000.sys] ファイルを [ wdf01000.sys.old ] とリネームしてから バーチャル PC のツールより統合機能をインストールしなおします。 この情報はマイクロソフトフォーラムより取得したもでありマイクロソフトの文献ではありません。
自動公開 仮想 PC にインストールのプログラムをスタートメニューへ登録してプログラムのみを Windows 7 より 仮想マシーン上で単独で起動できます。
 X 閉じる 標準で休止状態です。 

バーチャル PC 設定画面  設定変更したい [ vmcx ] ファイルを右クリックから 設定を選択
 設定変更は、バーチャル PC の電源がオフの状態で変更できます、休止状態の場合は、シャットダウンしてから行ってください。

バーチャル PC データー > 指定の保存場所にある、 [ Windows XP - MODE ] フォルダを表示します
バックアップについて
vhdファイルをコピーしてバックアップしておき、不具合の際に vhd ファイルを置き換えて復元します。


Virtual PC にお勧めのソフト!  Windows XP Mode にもセキュリティー対策は、必要です!
総合セキュリティーソフト ( ウィルス、ファイヤーウォール機能 )
Comodo Internet Security XP-SP2 Vista 7, 32/64

ウィルス、ファイヤーウォール、Defense +(プログラム管理)機能。

* ファイヤーウォール機能だけをインストール可能。

Windows 7 メインページへ戻ります


ホーム | フリーソフト
Windows 98 | Windows XP | Windows Vista | Windows 7 | Windows 8 | Windows 10
サイトマップ | 利用規約及びリンクについて | プライバシーポリシー | メール送信フォーム
Copyright (C) Mikasaphp All Rights Reserved