ホーム | フリーソフト| Windows 10


Windows 10 不要なウィンドウズサービスの無効停止と軽量化
未使用の不要な ウィンドウズサービスを無効、停止にしてウィンドウズの負担を軽減する事でパフォーマンスアップする事が出来ます。 効果については PC の基本的な性能又は個人のウィンドウズの使用状況にもよります。 
スポンサー
作業をする前に復元ポイントを打ち込んでから作業をされて下さい。
お使いの PC について
インテル CPU でしたら Core 2 Duo 又は Core シリーズ 搭載の PC は基本的に高パフォーマンスですので高速化についてはあまり体感できないかも?しれません。


 最終更新日  2016年5月27日


コンピューターの管理ツールより作業をします
スタートボタンを右クリック _ コンピューターの管理 (G) をクリック _ 左ツリーーよりサービスとアプリケーション _ サービスを選択。

サービス名 内容
Bluetooth Handsfree Service コンピューターでワイヤレス Bluetooth ヘッドセットの実行を有効にします。
Bluetooth ヘッドセットを使用していないのなら無効可
環境による
Bluetooth Support Service Bluetooth サービスは、リモートの Bluetooth デバイスの検出と関連付けをサポートします。 Bluetooth はパソコンと周辺機器をワイヤレスで接続するものです。
Bluetooth 機能を持つものを使用していないのなら無効可
Certificate Propagation スマート カードの証明書を伝達。 
スマートカード 未使用なら無効可。
無効
Computer Browser マイネットワークからLAN上のPCを表示。 
通常の共有とは違い、停止してもラン共有接続には問題ない。 無効可。
無効
Distributed Link Tracking Client ネットワーク内またはコンピュータの NTFS ボリューム間のリンクを管理します。

ショ−トカット追跡機能が不要の場合停止可、ただし無効にすると ネットワーク上の共有されているPC が表示されなくなります。  ネットワーク上の他のPC と共有接続しないのなら無効可。
無効
Downloaded Maps Manager ダウンロード済みの地図へのアプリケーション アクセスを提供する Windows サービスです。 ....... このサービスを無効にすると、アプリケーションから地図にアクセスできなくなります。 地図へアクセスするアプリケーションを使用していないのなら無効可。 環境による
FAX このコンピューターまたはネットワーク上にある FAX リソースを利用して、FAX を送信したり受信したりできます。 パソコンで FAX の送受信を行わないのなら無効可。 無効
Function Discovery Provider Host 機能探索プロバイダのホスト プロセスです。 
ネットワーク上の他のPC と共有接続しないのなら無効可。
無効
Function Discovery Resource Publication このコンピューターおよびこのコンピューターに接続されているリソースを公開して、ネットワーク上で検出できるようにします。
ネットワーク上の他のPC と共有接続しないのなら無効可。
無効
Microsoft iSCSI Initiator Service このコンピューターからリモート iSCSI ターゲット デバイスへのインターネット SCSI (iSCSI) セッションを管理します。 Microsoft iSCSI イニシエーター機能は一般ユーザーでしたら不要ですので無効可。 無効
Netlogon ユーザーとサービスを認証するため、このコンピューターとドメイン コントローラー間でセキュリティで保護されたチャネルを管理します。 ドメイン参加しないのなら無効可。 無効
Offline Files ネットワーク上の共有フォルダを PC 上にオフラインファイルとしてコピーし、ネットワークが切断の状態でも共有フォルダにアクセス出来るものです。 ( オフラインファイルと共有ファオルダは同期 )  Lan ネットワーク環境ではない又は共有していないのなら不要です。 無効
Portable Device Enumerator Service リムーバブル大容量記憶装置用のグループ ポリシーを適用します。Windows Media Player やイメージ インポート ウィザードなどのアプリケーションにより、リムーバブル大容量記憶装置を使用してコンテンツを転送または同期できるようにします。
ポータブルデバイスを PC へ接続しないのなら無効可。
無効
Print Spooler 遅延印刷をするために、ファイルを読み込んでメモリに格納します。
プリンタ未使用なら無効可。
無効
Remote Registry ネットワーク経由にてパソコン内のレジストリを操作する。
セキュリティー上、無効推薦。 Windows 10 は標準で無効になっています。
無効
Secure Socket Tunneling Protocol Service VPN によるリモート コンピューターへの接続に使用する Secure Socket トンネリング プロトコルのサポートを提供します。  
VPN ( 仮想プライベートネットワーク ) 未使用なら不要で標準で無効になっています。
無効
Sensor Data Service 各種センサーからのデータを配信。 PC にセンサーが付いていないのなら無効可。 無効
Sensor Monitoring Service データを公開してシステムおよびユーザーの状態に合わせるために、さまざまなセンサーを監視する。  PC にセンサーが付いていないのなら無効可。 無効
SensorService さまざまなセンサーの機能を管理するセンサー用サービス。 
PC にセンサーが付いていないのなら無効可。
無効
Smart Card このコンピューターで読み取られたスマート カードへのアクセスを管理します。 
スマートカード 未使用なら無効可。
無効
Smart Card Device Enumeration Service 指定されたセッションにアクセスできるすべてのスマート カード リーダーのためにソフトウェア デバイス ノードを作成します。 スマートカード 未使用なら無効可。 無効
Smart Card Removal Policy ユーザー デスクトップからスマート カードを引き抜いたときにデスクトップをロックするよう、システムを構成できます。 スマートカード未使用なら無効可。 無効
Shell Hardware Detection デバイスにメディアを抽入した際に表示の [ 自動再生 」 通知。 
自動通知が不要なら停止可。
無効
Windows Defender Network Inspection Service ネットワーク プロトコルでの既知の脆弱性や新たに見つかった脆弱性をねらった侵入の阻止に役立ちます。 別とに同等のセキュリティーソフトを導入の場合は無効可。 環境による
Windows Defender Service ウィンドウズ純正のアンチウィルス対策ソフトで、別とに同等のセキュリティーソフトを導入の場合は無効可。
Windows Error Reporting Service マイクロソフト社へのエラーリポート報告機能。 
パフォーマンス重視なら無効。
無効
Windows Firewall 標準で付属するファイヤーウォールソフトで、別とにファイヤーウォールソフトを導入の場合は無効可。 環境による
Windows Image Acquisition (WIA) スキャナとカメラに画像取得サービスを提供します。 未使用なら無効可。 自己判断
Windows Media Player Network Sharing Service ネットワーク上の他の PC と WMP ライブラリを共有しないのなら無効可。 自己判断
Windows モバイル ホットスポット サービス 携帯データ接続を別のデバイスと共有する機能を提供します。 
携帯をPC ( ホットスポット ) を経由して他のデバイスと共有接続しないのなら無効可。
環境による
Wired AutoConfig イーサネット インターフェイス上で IEEE 802.1X 認証を実行します。 
無線LAN未使用なら停止可。
環境による
WMI Performance Adapte Windows Management Instrumentation (WMI) プロバイダーからネットワーク上のクライアントへのパフォーマンス ライブラリ情報を提供します。このサービスは Performance Data Helper が有効なときにのみ実行します。 ドメイン参加のユーザーがパフォーマンスデーターを収集するという事ですが一般のユーザーには不要ですので無効可。 無効
Xbox Live Auth Manager Xbox 未使用なら無効可。 環境による
Xbox Live セーブ データ
XboxNetApiSvc
市販デモ サービス デバイスが市販デモ モードの間、市販デモ サービスによってデバイスの動作が制御されます。 ( この機能を使用すると個人のデーターは全て削除されます )
一般ユーザーには全く不要な機能で無効推薦。
無効

スタートアップの種類 (E:)
設定変更したいサービスを W クリックしてプロパティー画面を表示して、タブメニューの [ 全般 ] を選択、[ スタートアップの種類 (E:) ] のプルダウンメニューより自動 ( 自動延滞 ) 、自動、手動、無効の何れかを選択して適応(A)、OKをクリックして設定します。
自動 ( 自動延滞 )
PC 起動直後にすぐに開始する必要がないプログラムについては PC 起動時の負担を減らすために延滞させて起動するもの。
自動
PC 起動と同時に起動。
手動
通常は停止の状態ですがウィンドウズの方から開始可能な状態。 停止にしたいが完全に無効にしてよいのかよく解らない場合にこの設定にするとよいです。
X 無効
サービスは無効停止の状態。

リモートコントロール機能が不要でしたら無効に設定 - パフォーマンスオプションより設定します
[ スタート ] ボタンを右クリック _ [ システム ]  _ 左より [ リモートの設定 ] を選択 _ [ リモートアシスタンス ] のチエックを外して次に [ リモートデスクトップ ]  で [ コンピューターのリモート接続を許可しない ] をチエックして適応(A) _ OKをクリックします。


軽量化 - パフォーマンスオプションより設定します
[ スタート ] ボタンを右クリック _ [ システム ]  _ 左より [ システム詳細設定 ] を選択 _ [ 設定 (S) ] _  [ 視覚効果 ] を選択、[ パフォーマンスを優先する(P) ] を選択して適応(A) _ OKをクリックします。

アイコンの代わりに縮小版を表示する
画像やメディアファイル等をサムネイル表示してビデオ等扱うユーザーにはこの機能は有効にしたほうが便利かもしれません。 私は有効にしています。
プレビューを有効にする
これも画像、ビデオファイルを扱うユーザーには便利なのでしょう ......ここで無効にしてもフォルダ上部メニューの [ 表示 ] → [ プレビューウィンドウ ] を選択してプレビュー表示は出来るようです?
以下は [ 縮小版表示 ] と [ プレビューウィンドウ ] を有効にしています。

Windows 10 メインページへ戻ります


ホーム | フリーソフト
Windows 98 | Windows XP  | Windows Vista | Windows 7 | Windows 8 | Windows 10
サイトマップ | 利用規約 及びリンクについて | プライバシーポリシー | メール送信フォーム
Copyright (C) Mikasaphp All Rights Reserved