ホーム | フリーソフト| Windows 10


Windows 10 復元
システムに何らかの変更を加える時、又はプログラムをインストールする前に事前に復元ポイントを作成しておきますと後から不具合が発生した時に復元機能にて正常な時点にウィンドウズを復元する事が出来ます。 復元機能はもっとも簡単に問題を解決できるウィンドウズの機能です。 なおハードディスク等、 PCに物理的 ( ハードウェアー ) な問題がある場合は復元機能では解決できません。 
スポンサー
復元によって引き継がれるデーター
ユーザーが保存したメディア、画像ファイル等は、削除される事はありません。
復元によって変更されるデーター
ウィンドウズシステムデーター、ユーザーがインストールのプログラム、IEのお気に入り等は復元時点の状態に復元されます。
復元のこつ
不具合を起こした時より以前の日を選択しないといけませんが、あまり期日を前にして、プログラムのインストール内容が大きく異なりますと後でプログラムを再インストールし直す作業が多くなる場合があります、出来たら初めは近い期日で復元を実行して、解決しない場合にはさらにその次に古い期日の復元ポイントで実行するとよいです。

 最終更新日  2015年11月9日


復元を有効に
1 システムの保護画面を表示します
スタートボタンを右クリック _ システム(Y) _ 左メニューのシステムの保護を選択します。
2 復元を適応します保護設定画面より ウィンドウズがインストールされています [ C ドライブ ] を選択しまして [ 構成(O) ] をクリックします。
3 [ システムの保護を有効にする ] を選択して、適応(A) _ OKをクリックします。


復元ポイントの作成 
1 システムの保護画面を表示して、[ 作成(C) ] をクリックします。
2 後から確認できます復元名を書き込みまして [ 作成(C) ] をクリックします。
3 正常に復元ポイントが作成されました、 [ 閉じる(O) ] をクリックして終了です。


復元順序
出来るだけプログラムは終了してから実行されて下さい。
1 システムの保護画面を表示します
スタートボタンを右クリック _ システム(Y) _ 左メニューのシステムの保護を選択します。
2 [ システムの復元(S) ] をクリックします。
3 [ 次へ(N) ] をクリックします。
4 ウィンドウから復元に使用する復元データーを選択して [ 次へ(N) ] をクリックします。
5 内容を確認されまして [ 完了 ] をクリックして復元を実行します。
以下はウィンドウズシステムドライブ C を復元することになります。
6 確認画面が出てきます、 [ はい } をクリックして実行します。
7 復元中です .... 何もしないでそのまま少し待ちます。
Windows のファイルと設定を復元しています。しばらくお待ちください
初期化しています

8 PC が再起動します。

9 正常に復元されました。 [ 閉じる ]  をクリックで復元作業の終了です。 問題が解決されない場合は今回選択の復元期日よりも以前の復元データーを選択してもう一度実行してみて下さい。

Windows 10 メインページへ戻ります


ホーム | フリーソフト
Windows 98 | Windows XP | Windows Vista | Windows 7 | Windows 8 | Windows 10
サイトマップ | 利用規約及びリンクについて | プライバシーポリシー | メール送信フォーム
Copyright (C) Mikasaphp All Rights Reserved