ホーム | フリーソフト| Windows 10


Windows 10 システムイメージと修復ディスクの作成
Windows 7 より追加されましたイメージバックアップ機能とシステム修復ディスクの作成順序を紹介しています。 ある日ウィンドウズが起動できなくなった?又は起動するけど著しくパフォーマンスが落ちた? とかなんか変だなァ〜とかいう場合に良好な状態の時に復元する事が出来ます。 Windows 10 を必要なソフトウェアーをインストールして常用使用する状態でイメージバックアップして置きますとあとあととても便利です。 出来ましたら CClaner にてクリーンアップし、ドライブをデフラグ ( 最適化 ) されてからバックアップする事をお勧めします。
スポンサー
Windows デフラグツールの起動
スタートボタン _ すべてのアプリ _ D の dfrgui を選択 _ ボリューム (C:) を選択して [ 最適化(O) ] をクリックして実行します。

 最終更新日  2015年8月22日


システムイメージの作成 
1 スタートボタンを右クリック _ コントロール パネル _ システムとセキュリティ _ バックアップと復元 (Windows 7) をクリックします。
2 左メニューより  [ システムイメージの作成 ] をクリックします。
3 保存場所を指定します。
自動にウィンドウズが入っています場所とは別の場所を自動で選択されます。 以下はデータードライブ (G) が指定されています。 設定後次へをクリックします。
3 バックアップするドライブを指定します。
自動に ウィンドウズが入っています [ C ドライブ ] が選択されています、確認されまして次へをクリックします。
4 保存場所の確認画面です、 確認されまして [ バックアップの開始 ] ボタンをクリックして開始します。
5  ..........  少し待ちます
6 続いて [ システム修復ディスク ] を作成しますか? 作成する場合は [ はい ] をクリックしてください。 以下は閉じています。 下部で作成順序を紹介しています!
7 閉じるボタンをクリックして閉じてバックアップの終了です。


システム修復ディスクの作成
1 バックアップと復元 (Windows 7) 画面左メニューの [ システム修復ディスクの作成 ] をクリックします。
2 空の CD ディスクを CD/DVD ドライブへ抽入してディスクの作成ボタンをクリックします。
記録されているCD を消去
記録されている CD はマイコンピューターを表示して CD/DVD ドライブアイコンを右クリックから [ このディスクを消去する ] にて消去出来ます。
3 作成中です .....   少し待ちます。
4 OK をクリックで閉じます。
5 後からわかりますように名前を付けて大切に保管されてくださいとのコメントです。 閉じるボタンをクリックですべて終了です。


システム修復ディスクを起動して復元
1 修復ディスクを CD/DVD ドライブへ抽入して PC を再起動します。
2 PC が立ち上がります 初めのころに [ Please any Key boot from DVD..] と出ましたら Enter キーを押します。
PC 電源を入れた直後に起動するデバイス ( PC を構成する CD/DVD ドライブ等 ) を [ F12 ] キー ( PC によって異なる事がある ) を押して起動するデバイスを選択する必要がある PC があります。 Dell PC 等
キーボードの Enter キーを押します
         
Please any Key boot from DVD...

3 キーボードのレイアウトの選択画面
通常は Microsoft IME を選択します。
4 オプションの選択画面
トラブルシューティングを選択します。
5 トラブルシューティング画面
詳細オプションを選択します。
6 詳細オプション画面
イメージでシステムを回復を選択します。
7 イメージでシステムを回復
Windows 10 を選択します。 
8 この画面でバックアップファイルを選択しますが画面は正常に表示されず確認出来ない状態ですので ....... ここでやめます。 

自動にバックアップファイルは選択されているはずなので大丈夫だと思いますが私のPC はマルチブート環境ですので今回は安全のためにやめておきます。


Windows 10 ブートメニューへ修復ディスクを登録
1 boot.wim ウィンドウズイメージファイルを格納しますフォルダを作成します。
普段めったに開かない C: ドライブ直下等に半角英数字にて名前を任意で今回は [ Windows10PE ] としてフォルダを作成して、修復ディスク内の [ sources ] フォルダ内にある [ boot.wim ] ウィンドウズイメージファイルをコピーして入れます。
2 EasyBCD ブートローダー管理ソフトを使用します。
左メニューの [ メニューへ登録 ] より下部の [ ポータブル外部メディア ] の [ WinPE ] を選択、[ 名前 / 好きな名前でよい ] と [ パス / 場所 ] を指定して [ 登録 ] をクリックして作業の終了です。

取り消し順序
EasyBCD 画面の [ メニューの編集 ] より削除する登録を選択して削除ボタンで削除して [ 設定を保存 ] をクリックで操作を反映して、次に PC 内に保存の [ Wwindows10PE ] フォルダを削除して削除の完了です。
ブートメニュー画面です
修復ディスクは上下↓↑キーで Windows PE / 修復ディスクを選択して Enter で起動します。

Windows ブートマネージャー

開始するオペレーティングシステムを選択するか、 TAB キーを押してツールを選択して下さい :
( 方向キーを使って項目を選択してから、 ENTER キーを押して下さい。 )
Windows 10 Pro
Windows PE
この選択のオプションを指定するには、 F8 キーを押して下さい。
強調表示された選択が自動的に表示されるまでの秒数 :8

ツール :
Windows メモリ診断ツール

TAB = 選択 TAB = メニュー ESC = キャンセル


Windows 10 メインページへ戻ります


ホーム | フリーソフト
Windows 98 | Windows XP | Windows Vista | Windows 7 | Windows 8 | Windows 10
サイトマップ | 利用規約及びリンクについて | プライバシーポリシー | メール送信フォーム
Copyright (C) Mikasaphp All Rights Reserved