ホーム | フリーソフト| Windows Vista


Windows Vista  自動起動プログラムの停止!
スポンサー


Vista 起動と同時に起動する不要なプログラムを停止して Vista の起動を高速化又は、パフォーマンスアップ出来る場合があります。


自動起動プログラムの停止
自動起動のプログラムは、プログラムのメイン画面のメニューバー等から設定画面を表示し、「自動起動」 、「タスクバーに常駐」等の設定項目がある場合があり、自動起動を無効に出来る場合がありますので確認して見てください。
タスクバーアイコン
タスクバーに常駐のプログラムアイコンを直接右クリックより、プロパティ、設定等より設定画面を表示して自動起動を無効に出来る場合がある!

すべてのプログラムのスタートアップ
登録のアイコンを外して (削除) 無効に出来ます、又元に戻すと自動起動する。削除しても本プログラムは、無くなりません。


Windows Defender ソフトウェアーエキスプローラー
コンピューターで実行されているすべてのソフトウェアーを表示して無効と停止が出来ます。

ディフェンダー起動後メニューのツールより、「ソフトウェアーエキスプローラー」 を選択


スタートアッププログラム
左メニューに自動起動プログラムが表示、選択して右ウィンドウに内容を表示

Microsoft Corporration 項目は、無効/有効 の操作!ユーザーインストールのプログラムは、無効/有効/削除 の操作!いずれも慎重に行う。

現在実行のプログラム
スタートアッププログラムにて表示されないプログラムを確認できます、ここで表示のものを無効にしたい場合は、管理ツールのサービス、システム構成ユーティリティーのサービスから無効に出来ます。


システム構成ユーティリティーより無効にする!
ファイル名を指定して実行に 「msconfig」 と入力して Enter !

スタートアップ
チエックボックスを外して無効になります、適応(A) _ OKボタンクリックにて適応されてパソコン再起動にて反映される。

タスクスケジューラ登録の自動起動プログラムを停止! l Windows Vista でスケジュールされたタスクの説明 by マイクロソフト
スタートボタン _ すべてのプログラム _ アクセサリー _ システムツール _ タスクスケジューラ
最上位の特権が与えられて自動起動に登録されている不要な登録を無効にします。 Mobile PC 等使用しないのなら無効にしておき、必要なシステム関連の登録又は 解らない項目は変更しないようにする。 

タスク スケジューラ(ローカル) 実行された登録を確認、タスクが有効で現在実行中の登録を表示。
タスク スケジューラ ライブラリ 「タスク スケジューラ ライブラリ」 をマウスでマークにてユーザーが任意で登録又はユーザーがインストールのプログラムによって自動に登録されたものが表示されます。 

不要なものが登録の場合
通常はソフトウェアーをアンインストールの際に同時に登録も削除されますが稀にタスクの登録が残る場合があるようです?その場合中央のウィンドウの不要に残った登録を直接右クリックから 「削除」 にて登録を抹消出来ます。
Microsoft _ Windows ウィンドウズシステムプログラムの各種登録です。

1 左メニューより

タスクスケジューラ ライブラリ
 ↓
Microsoft
 ↓
Windows とツリーを開きます!

2 左メニュより格プログラムを選択すると、真ん中のウィンドウにプログラムへ登録されている実際に実行されるスケジュールが表示されます。
3 中央のウィンドウに展開の登録を右クリックから無効を選択で停止される、将来使用の場合は有効に戻すとよい。

Media Center
MobilePC
Sidshow
Windows Eror Reporting
Wired
Wireless


ホーム | フリーソフト
Windows 98 | Windows XP | Windows Vista | Windows 7 | Windows 8 | Windows 10
サイトマップ | 利用規約及びリンクについて | プライバシーポリシー | メール送信フォーム
Copyright (C) Mikasaphp All Rights Reserved