ホーム | フリーソフト


Mozilla Thunderbird  手動でバックアップと復元
thunderbirdbak に登録のアカウント設定、受信のメール、アドレス帳等のユーザー設定は アプリケーション設定が格納されているフォルダ内の thunderbirdbak\Profiles フォルダ内に保存されています。 この Profiles フォルダをコピーしてバックアップし、復元は元のProfiles データーを削除してバックアップして置いた Profiles データーと入れ替えて復元します。 最後にProfiles データーのパスを再設定するのに [ Profiles.ini ]  をメモ帳で開いてProfiles フォルダ内のランダムにつけられたフォルダ名を [ Path=Profiles/2dvi  ( ランダムにつけられた名前 ) su06.default ]  復元に使用の新しいファイル名に変更して復元作業は終了です ..... 長くてごめんね?
スポンサー
参考ページ 〜 Thunderbird のプロファイル
Profiles データーの場所 ( 隠しファイル ) ( Vista/7/8/8.1/10 ) 。
C:\Users\ユーザー名\AppData\Roaming\Thunderbird 

 製作者  https://www.mozilla.jp/
 入手ページ  https://www.mozilla.org/ja/thunderbird/
 ポータブル版  http://mikasaphp.net/thunderbirdpo...
 アドオンページ  https://addons.mozilla.org/ja/thunderbird/
 対応OS  XP-SP3/Vista/7/8/10、MAXC,LInux
 言語使用  日本語対応
 最終更新日  2016年6月16日



プロファイルデーターのバックアップ - Windows Vista/7/8/8.1/10
1 [ ファイル名を指定して実行 ] へ [ appdata ] と入力して OK をクリックします。
Windows 10 はスタートボタンを右クリック _  [ ファイル名を指定して実行 ] を選択します。
2 Roaming\Thunderbird と開いて [ Profiles ]  フォルダをコピーします。
出来ましたらWindows インストールのドライブ以外、データードライブや CD/DVDディスク又はUSB ドライブなどへ保存を推薦します。


プロファイルデーターの復元順序 - Windows Vista/7/8/8.1/10
1 [ ファイル名を指定して実行 ] へ [ appdata ] と入力して OK をクリックします。
Windows 10 はスタートボタンを右クリック _  [ ファイル名を指定して実行 ] を選択します。
2 現在のProfiles フォルダを削除してバックアップファイルと入れ替えます。
Roaming\Thunderbird と開いて 現在の [ Profiles ] フォルダを削除してバックアップして置いたProfiles フォルダをコピーして貼り付けにて同じ場所に保存します。 
3 [ profiles.ini ] ファイルを再設定します。
Roaming\Thunderbird フォルダ内の [ profiles.ini ] ファイルを W クリックしてメモ帳で開いて[ Path =  ******** .defalt ] のランダムにつけられたファイル名の部分を 先ほどコピーして保存しましたフォルダ名に書き換えます。 後はファイル(F) _ 上書き保存(S)にて保存して作業はすべて終了です。
コピーした復元に使います保存したプロファイルフォルダ
Profiles.ini データーのパス名を上の復元するプロファイルフォルダ名に書き換えます。





ホーム | フリーソフト
Windows 98 | Windows XP | Windows Vista | Windows 7 | Windows 8 | Windows 10
サイトマップ | 利用規約及びリンクについて | プライバシーポリシー | メール送信フォーム
Copyright (C) Mikasaphp All Rights Reserved