ホーム | フリーソフト


Sandboxie
ハードデスク内に独立した管理化領域を作成してアプリケーションを実行します。 データーの変更はサンドボックス内だけで実行され、コンピューターへの重要なデーターの変更、書き換えは実行されません。 無料のオンラインソフト、又は体験版等をテストしたい時に利用するとウィンドウズ環境を汚さずに済みとても便利です。 このツールは安全な作業領域を作成するツールです。
スポンサー


 製作者  http://www.sandboxie.com/
 DOWNLOAD  Softpedia.com
 対応OS  XP/2003/Vista/7/8/10 ( 32/64 bit )
 言語使用  日本語対応
 最終更新日  2009年10月27日


Sandboxie - コントロール画面

表示(V)
プログラム(P)画面
サンドボックス内で起動のプログラムが表示!
ファイルとフォルダ(V)画面
サンドボックス内のフォルダ構造を表示!インストールのプログラムの内容を確認出来ます。
サンドボックス(B)
クイックリカバリ
サンドボックス内に一時的に保存されるフォルダで回復ボタンにて通常のウィンドウズ上にファイルを移動できます。
サンドボックスの設定(S)
現在作成の 「 サンドボックス DefalutBox 」 の各種設定が出来ます。
新規にサンドボックスを作成
* 複数のサンドボックスの使用は有料になります。
コンテナフォルダの設定
SandBoxie 管理領域フォルダです! コンテナフォルダを移動したい場合は サンドボックスの内容を削除してから右ウィンドウよりドライブを指定します。 次にSandBoxie を終了し、移動を確認後に元の SandBoxie フォルダは削除してもよいです。標準でCドライブ直下に作成されています。
構成(C)
Windowsシェル統合より SandBoxie の自動起動等の基本の使用環境を設定出
来ます。

Windows シエル統合 - Sandboxie の使用環境を設定します。
メニューの構成(C) - Windows シエル統合(I)を選択

ショートカットアイコンを追加(A)
サンドボックス化したプログラム起動のショーカットアイコンを作成できます。  「 ショートカットアイコンを追加(A) 」 より「Programs 」 から任意の 起動アイコンメニューをクリックにてデスクトップに自動に作成されます。
注意
間違えてアンインストール用の [ uninst.exe ] プログラム等を指定しないように。

サンドボックス設定
コントロール画面のサンドボックス DefalutBox を右クリックからサンドボックスの設定(S)を選択

表示 
サンドボックス化されたプログラム、フォルダを 色付きの枠で囲んで表示出来ます。
プログラムは タイトルバーへ[ * ] プログラム名 [ * ] と表示されてサンドボックス化の確認ができますが、エキスプローラーはサンドボックス化されているか見分けがつかないので色枠をつけますと一目で確認できて便利です。


アプリケーション
SandBoxie にて標準で起動出来ない等のアプリケーションの使用を改善出来ます。
Windows Mail
システムフォルダ (メールボックス) へのアクセスを許可するとWindowds Mail が起
動できるようになります。
「追加I(A)」 クリック、又は項目を Wクリックにて [ + ] とマークされて「適応(A)」 、「OK」 クリックにて有効になります。

サンドボックス化してプログラムをインストール、プログラムの起動、フォルダを開く
右クリックから 「サンドボックス化して実行(S)」 にて実行します。 サンドボックス化 のプログラムは 標準でタイトルバーに [#] プログラム名 [#] と表示されます。 以下は色付きの枠表示も追加!

SandBoxie へのプログラムのインストール
SandBoxie スタートメニュー
通常のウィンドウズにインストールのプログラム、サンドボックス化でインストールのプログラム等を起動できます。

内容を削除(D)
サンドボックスへ取り込んだデーターを全て削除できます。 
.コントロール画面のサンドボックス DefalutBox を右クリックから「内容を削除(D)」をクリック、左図の画面が出てきて「サンドボックスを削除(D)で削除します。

クイックリカバリフォルダにダウンロードしたデーター等がある場合はウィンドウ内に表示されます、必要な場合は「回復するフォルダを選択(A)」 から通常のウィンドウズ上へファイルを移動してから削除して下さい。

サンドボックス化のブラウザでファイルをダウンロード〜保存!
ダウンロード終了後に以下の画面で好きな場所に保存します。

保存先
回復(R)
同じフォルダに回復
ダウンロードの際に指定した場所に保存します
回復するフォルダを選択
場所を指定して保存します。
閉じる(C)
SandBoxie フォルダ内の 「クイックリカバリフォルダ」 に一時的に保存されます。

「 ファイルとフォルダ 」 画面
SandBoxie コントロール画面を表示して、「表示(V)] から 「ファイルとフォルダ」 を選択します。 以下の画面から SandBoxie フォルダ内の全てのデーターを参考に出来ます。

クイックリカバリ フォルダ
SandBoxie 内に保存されています。回復よりウィンドウズ上に移動でき、プログラムならサンドボックス化して実行(R)にて
インストール可能です。
サンドボックス化したエキスプローラーで作成のデーター
サンドボックスを削除するとデーターも同時に削除されます。 左図の画面の「すべてのファイルとフォルダ」 より必要なデーターを 「回復するフォルダを選択(A)」より通常のウィンドウズ上へ移動できます。




ホーム | フリーソフト
Windows 98 | Windows XP | Windows Vista | Windows 7 | Windows 8 | Windows 10
サイトマップ | 利用規約及びリンクについて | プライバシーポリシー | メール送信フォーム
Copyright (C) Mikasaphp All Rights Reserved