ホーム | フリーソフト


Returnil Virtual System home Free   仮想化ソフト
作者サイトでは入手出来ないようですが softpedia.com より Returnil System Safe Free 2011 を入手出来ます
Returnil Virtual System は、強力な仮想化技術を使用してお使いのコンピュータのオペレーティングシステムの仮想化コピーを作成します。 ユーザーはそのコピー上で作業することによって、実際のオペレーティングシステムに変更を加えず、安全な状態を保つことができます。 RVS はVirus Guard セキュリティー機能と仮想化機能を統合した仮想化ソフトです。  詳しくはヘルプファイルのマニュアルを参考に!無料版は 個人で 1 ライセンスの使用が出来、商用利用は出来ません。
スポンサー
注意: デフラグについて
System Safe モード- 仮想化機能有効以後にデフラグを行うとファイルの破損を引き起こす可能性があるとの事。 導入のデフラグソフト又は WindowsVista / 7 / 8 の自動デフラグ機能は無効にし、デフラグの実行は仮想化無効時に行ってください。

 製作者  http://www.returnil.jp/
 入手サイト  softpedia.com
 対応OS  XP/2003/Vista/7
 言語使用  日本語対応
 最終更新日  2010年1月8日


入手

無料の名前とメールだけのユーザー登録をしてダウンロードリンクが載っているメールが登録のメール先に自動に送られてきます。 送られてきたメールのダウンロードリンクから入手してください。

インストール
登録は無料を選択にて行い、ウィルススキャンは Returnil 付属のウィルスツールで検索されます、データー収集ポリシーはいやなら ........送信しないにすると良い。基本的にウィルスソフトを導入されている場合は RVS 付属のウィルスソフトは無効でよ
いと思われます。

RVS 操作画面
自動起動
すべてのプログラムのスタートアップへ登録されています。 
[ 有効にする ] にて仮想化される!

環境設定
ユーザーインターフェース
通常の操作をするのに 「トレイアイコンを表示する」 と 「デスクトップツールバーを表示する」 のどちらかを有効にして使用
すると良いです。
System Safe
Windows セーフモードでは仮想システムを無効にする
RVS 機能で不具合が発生の際に通常とおりにウィンドウズセーフモードが使用できるようにしておきます、チエック入りでよい(標準)。
通信
リモートコントロールを許可
テクニカルサポートからのリモートアクセスを許可するとの事、この機能は Free 版では使えない。とりあえず無効にしておく?


Virus Guard
リアルタイムウィルス保護を有効にする
RVS 起動の状態でリアルタイムで動作します。 「検疫に移動」 にて保護領域に検出のウィルスは隔離されます。処理については次項を参考。
ファイル保護
仮想化される Cドライブ以外のファイル、フォルダ、ドライブ等を保護します。 この機能は System Safe 機能使用で有効になり指定のファイル、フォルダは開いたり変更出来なくなります。
プログラムの通常実行を許可する
System Safe 機能が有効の場合に、いかなるプログラムも警告メッセージを表示することなく実行させることができます。
実際のディスク上に存在するプログラムのみ信用する:
実際のHDにインストールのプログラムのみ使用でき、仮想化有効化以後に 新しいプログラムのインストールは出来なくなり、実行の場合には、警告メッセージが表示され、ブロックの理由と疑わしいファイルの場所が表示されます。
メッセージ画面
RVS 画面下部の 「メッセージ 」 バーをクリックで表示! ウィルス検出時の操作内容がメッセージとしてレポート表示されます。
隔離されたウィルスファイル
環境設定 _ Virus Guard _ 検疫クリック!  削除で駆除となり、復元で元の場所に戻ります。

System Safe
すべての変更を破棄する(推奨)
RVS のメインとなる機能で仮想化以前の状態に戻り、標準で有効。
すべての変更を保存する
仮想化有効時にこのオプションをはすべての変更を実際のハードディスク上に保存するとの事ですがこの設定は一般ユーザーには推奨されないとの事です。

ツール
仮想化デスク
System Safe が有効時、仮想ディスクに保存したファイルは削除されることはありません。 通常は仮想化されていない C ドライブ以外に保存するとファイルは削除されずデータードライブがあるのなら仮想デスクは不要です。 Cドライブしかなく、System Safe が有効時にファイルを残したい場合に仮想化デスクを作成すると良いです。
* ファイルマネージャー、実際のディスクにアクセス機能は Free 版では使えません。


ホーム | フリーソフト
Windows 98 | Windows XP | Windows Vista | Windows 7 | Windows 8 | Windows 10
サイトマップ | 利用規約及びリンクについて | プライバシーポリシー | メール送信フォーム
Copyright (C) Mikasaphp All Rights Reserved