ホーム | フリーソフト


ObjectDock
アップルコンピュータ の Mac OS X が採用している ランチャータイプのスタートメニューバーです、クリスタルでアニメーション表示されて登録された各種アイコンはすべてカスタマイズ可能です。 使用は ウィンドウズのスタートメニューと共有使用する又はウィンドウズのスタートメニュー表示のフォルダ等を ObjectDock に置き換えて使用することも可能です。 通知領域と言語バーは取り込むことは出来ないようです。 このぺーじでは WindowsVista 使用で、すべてスタートメニューを ObjectDock に出来るだけ?置き換えて使用するとして紹介しています。参考にされてください。
スポンサー

 製作者  http://www.stardock.com/....
 DOWNLOAD サイト  http://www.techspot.com/...
 DOWNLOAD サイト  http://www.softpedia.com/....
 日本語言語ファイル  http://blog.livedoor.jp/win_matrix/
 対応OS  Vista/7/8/10
 言語使用  英語
 最終更新日


日本語化 -  http://blog.livedoor.jp/win_matrix/
C:\Program Files\Stardock\ObjectDock\Lang フォルダ内に 日本語 lngファイルを入れて設定、一般の Langeage Optionsから指定します。


簡単なドック設定

一般
「Object Dock をスタートアップする」 有効で自動起動に登録される。
「ウィンドウズのタスクバーを隠す」 有効で未表示にした場合は、操作で不都合がある場合は キーボードのウィンドウズロゴマークのキーを押すとウィンドウズスタートメニューを表示出来る。
Docklet
ウィンドウより項目をマーク指定して 「このDocklet をドックに追加する」 ボタンでドックへ追加表示される。WindowsVista 使用の場合は、フォルダ構造が一部違うため反映されない項目があるようです、その際はDock アイコン右クリックより 「ドックエントリのプロパティー」 から直接指定すると良い。
配置
配置は(下)、常に奥に表示を選択、マウスの反応は最速にする。
視覚効果
高速に作業する際には不要ですので 私は全て無効にする


WindowsVista
一番左は「ユーザー フォルダ」 、「スタートメニューフォルダ」 はよく使用するプログラムのショートカットを詰め込んだフォルダを作成してリンクしている。すべてのプログラムを登録。又ウィンドウズのスタートボタンは Vistaでは正常に動作せず?ウィンドウズキーを押すと起動するので無くてもよいでしょう。
作成したスタートメニュー?フォルダ
ユーザー内にフォルダを作成してそのフォルダを指定しています、中には頻繁に使用するソフトウェアーのショートカットを入れてウィンドウズのスタートメニューと同じようにしています。
ログオフ/再起動/終了
ウィンドウズ終了メニューはプログラムを強制的に終了してから実行する用に指定しています、すべて高速に実行されます。このアイコンの作成はWindowsXP も同様に使用できます。

アイコンの追加
Dock バーの何も無い所で右クリックより追加 - 新規ショートカット選択、出来たアイコンを右クリックから 「Dock Entry Prpperties...」 を選択して以下のように設定する。

title : Link :
コントロールパネル C:\Windows\System32\control.exe
ネットワーク接続

単独でネットに接続の場合

ネットワーク接続
ネットワーク

共有環境、ネットワークと共有センター有効の場合

ネットワーク
ユーザー名 C:\Users\ユーザー名
すべてのプログラム C:\ProgramData\Microsoft\Windows\Start Menu\Programs
ファイル名を指定して実行 C:\Users\ユーザー\AppData\Roaming\Microsoft\Windows\Start Menu\Programs\Accessories\Run.lnk
スタートメニュー

(好きな名前にする)
ユーザーフォルダ内にフォルダを作成してよく使うプログラムのショートカットをまとめて入れておいてそのフォルダを指定する 。

シャットダウンアイコン(XPも同じ)の追加 アイコンは、deviantARTが探しやすい


各種終了コマンド(実行)のショートカットをフォルダに入れてそのフォルダへリンクするアイコンを Dock に登録すると便利。

ショートカット作成順序
デスクトップの何も無い所で右クリックから 「新規作成(W)」 - 「ショートカット(S)」 選択 、参照に再起動の場合は、「C:\Windows\System32\shutdown.exe -r -f -t 0」 と実行ファイル指定の後に因数も続けて入力指定するとよい。 他同じく作成し、動作しない場合は、ファイルを直接右クリックよりプロティーを選択して「リンク先」 の指定を確認修正する。

ショートカット名 リンク
 終了 C:\Windows\System32\shutdown.exe[半角空ける]-s -f -t 0
 再起動 C:\Windows\System32\shutdown.exe -r -f -t 0
 ログオフ C:\Windows\System32\shutdown.exe -l -f


登録のアイコンの設定
Dock アイコン右クリックより 「ドックエントリのプロパティー」 から直接指定する。フォルダ指定の場合にフォルダを参照から選択指定できない場合はリンクしたいフォルダをエキスプローラーで表示してアドレスバーよりコピーしてリンクボックスへ貼り付けると良い。
ユーザーのフォルダを指定する!
Vista の場合は、マイドキュメントではなくログオンユーザーのフォルダが基本となりそれを指定する。
タイトル
ユーザー名 を入力
リンク指定
C:\Users\ユーザー名

高速再起動
ウィンドウズを再起動するアイコンを登録するショートカットをDock に追加して以下のように指定する。
リンク指定
C:\Windows\System32\shutdown.exe
引数指定
[半角空ける]-r -f -t 0


ホーム | フリーソフト
Windows 98 | Windows XP | Windows Vista | Windows 7 | Windows 8 | Windows 10
サイトマップ | 利用規約及びリンクについて | プライバシーポリシー | メール送信フォーム
Copyright (C) Mikasaphp All Rights Reserved