ホーム | フリーソフト


Microsoft Security Essentials  マイクロソフト社製のアンチウィルスソフト
マイクロソフト社製の無料のウィルスソフトです!  インターフェースは シンプルでわかりやすく日本語で使用でき、動作は軽く、ウィルスデーターベースの更新は ウィンドウズアップデートにて自動に更新できます。 
スポンサー
Windows Vista / 7 使用の方!
インストール時に 自動に 付属するスパイウェアーソフトの 「 Windows Defender 」  は無効になります。 Esssetinals には Windows Defender の機能が備わっています。
Windows 8 使用の方!
Windows 8 に付属の Wondows ディフェンダーはウィルス、スパイウェアーに対応していますので Windows 8 に Security Essentials のインストールは不要です又インストールは出来ません。

 製作者  マイクロソフト日本ホーム
 DOWNLOAD  http://windows.microsoft.com/j..
 フォーラム  http://answers.microsoft.com/..
 対応OS  XP/Vista/7
 言語  日本語版
 最終更新日  2012年12月17日


インストール順序
1 「 Microsoft Security Essentials インストールウィザードへようこそ 」 画面
次へ> をクリックします。
2 .「 使用許諾契約書 」 画面
同意しますをクリックします。
3 「 MicrosoftWindows の検証 」 画面
検証>をクリックします。
4 「インストールの準備完了」 画面
インストール>をクリックします。
5 「 インストールウィザードの完了 」 画面
「 最新の更新プログラムを入手 .......... 」 にチエックを入れるとインストール終了後に重要な範囲だけを検索します。
「 クイックスキャン 」 が実行がされます。
「完了」 でインストールnの終了です。


本画面
正常な場合は グリーン表示となります、リアルタイム機能が無効、又はウィルスが検出等の危険性がある場合には レッド表示になります。

スキャンのオプション
クイックスキャン(Q)
重要な範囲のみを検索します。 短時間で済みます!
フルスキャン(F)
PCを全て検索します。 少し時間がかかります!
カスタムスキャン(C)
検索範囲をファイル、フォルダ、ドライブ単位で任意で指定できます!
設定
スキャンスケジュール
標準で有効です、実行する日時は任意で指定して下さい。
リアルタイム保護
有効必須う。
既定の操作
標準の [ 推薦される操作 ] のままでよいと思います。
除外されたファイルと場所
特定のファイル、フォルダ、ドライブを検索範囲から除外出来ます。
除外されたファイルの種類
特定のファイル形式を除外します。 指定方法は WMV ファイルなら [ WMV] と入力し、追加は 拡張子を一つづつ ( :) セミコロンで追加入力してゆくとよいです。
除外されたプロセスの除外
実行される (プログラム等) プロセスを検索範囲より除外出来ます。 
詳細設定
リムーバブルドライブをスキャンする(M)
標準でUSB フラッシュドライブは フルスキャン検索対象から無効になっていますので 必要でしたらチエックして有効に!
Microsoft SpyNet
とりあえず基本メンバーシップ
ウィルス検出画面 ( リアルタイム時 ) - レッド表示!
[ PC のクリーンアップ ] ボタンをクリックして処理します。 [ 詳細表示 ] より検出のウィルスをさらに確認して 「削除」、「検疫」、「許可」等の処理操作を指定できます。
詳細表示 画面
削除 PC 内から削除。
検疫

ファイルは 別の場所に移動され、実行できない状態で保管。

許可 動作可能。
ウィルス除去成功時に出てきた画面を「閉じる」ボタンで除去完了!
略歴
検出処理された略歴です。 「削除」 で PC 内から削除となり、「復元」 で元の場所に戻ります。


ホーム | フリーソフト
Windows 98 | Windows XP  | Windows Vista | Windows 7 | Windows 8 | Windows 10
サイトマップ | 利用規約 及びリンクについて | プライバシーポリシー | メール送信フォーム
Copyright (C) Mikasaphp All Rights Reserved