ホーム | フリーソフト


mp3DirectCut   MP3、AAC ファイルの編集ソフト
MP3、AACファイル等を再圧縮しないで編集又は外部入力のマイク音声、 USB ヘッドホンマイク音声等を録音編集するオーディオ ユーティーリティーソフトです。
スポンサー
( AAC ファイルについては 動作検証できませんでした )


 製作者  Martin Pesch
 DOWNLOAD  http://www.softpedia.com/..
 対応OS  XP/Vista/7/8/8.1
 言語使用  日本語対応
 最終更新日  2014年3月12日


主な機能
MP3/MP2/AAC オーディオを再エンコードせずに編集保存。
切り取り、コピー、貼り付け、音量の変更 ( 4GB まで )。
フェードイン・フェードアウト効果。
オーディオ入力デバイスの 録音とMP3 へエンコード。
ID3 タグ編集機能。
mp3/mp2/mpa/mus/aac/mpd/cue sheets 対応。
インストール不要で好きな場所へ展開保存してお使いください。アンインストールはフォルダ毎削除してアンインストールとなります。

入手   http://www.softpedia.com/..  Softpedia より入手!
以下の DOWNLOAD をクリックして出てきましたダウンロードリンクより入手します。

インストール は 展開保存するタイプですので好きな場所へ展開して置いてお使いください
1 Next をクリックします。
2 展開保存するフォルダを好きな場所へ作成して、 [ Browse ] より指定して Next をクリックします。
以下はとりあえずデスクトップにフォルダ名を [ mp3directcut ] としてフォルダを作成しています。
3 初回起動画面です。  OK をクリックして閉じます。
4 プルダウンメニューより [ Japanese ] を選択して、 [ Potable forsed ] にチエックを入れて[ Use and restart ] をクリックします。 
プログラムが再起動して日本語になります。
設定から日本語にするには? Settings _ Configure _ Operation から Language に Japanaseを選択します。


選択部の保存
保存する範囲を [ 開始位置設定 ] と [ 終了位置設定 ]  にて指定して [ Ctrl + E  ] キーで保存画面を出して保存します。

* 編集作業は  [ Ctrl + Z  ]  キーで元に戻せます。 1 プッシュで一つ前に戻ります。

削除
削除する範囲を 編集の [ 開始位置設定 ] と [ 終了位置設定 ] にて打ち込み後、編集の 一番左のハサミ型アイコンを
クリックして削除します。
分割保存
無録音部分を 分割点としてまとめて自動に保存出来ます
特殊(P) _  [ 無音区間の検出 ] を実行して、Ctrl + T ( 分割保存 ) にてまとめて保存します。 
保存名はファイル名に順次番号が付けれらて保存します。
手動で分割部分を指定するには?
@ 左クリックで分割部分 ( 緑色の縦線) を指定し、 A Cut ポイントのボタンを押して分割点 ( 茶色の縦線) ) を確定し、
[ Ctrl + T ]  にてまとめて保存します。 確定の茶色の縦線の分割ポイントは 右クリックして捉えてドラックして移動できます。
コピー&ペースト
音声部分を好きに移動できます

移動したい部分を 、[ 開始位置設定 ]  と [ 終了位置設定 ] にて指定して [ 編集(E) ] より [  コピー ] でコピーし、貼り付けたい部分を再生、停止して 決めて [ 編集(E) ] より [  貼り付け ]  にて貼り付けます。  編集部分の指定はマウスでドラックして指定してもよい。

 Ctrl + X  カット
 Ctrl + C  コピー
 Ctrl + V  貼り付け
フェードイン/フェードアウトの適応
フェードインは 曲の始まりの音量を徐々に上げてゆき、フェードアウトは 曲の終わりの音量を徐々に下げてゆく効果のことを言います。

フェードインを適応

1 ウィンドウ上でフェードしたい部分をマウスでドラック指定します。
2 次に [ Ctrl + F ] にてフェードを適応する。
3 再生ボタンで音を再生して確認して下さい。 だめな場合には [ Ctrl + Z ] で編集をリセットして何度でも編集をやり直すことが出来ます。
* 曲の終わりで適応すると自動にフェードアウトとなります。


オーディオ入力デバイスの録音 ー今回は USB ヘッドホン付のマイクを接続してテストしました
オーディオデバイスから MP3録音は 別とに [ lame_enc.dll ] エンコーダー又は [ LAME ***** ACM codec ] のどちらかが必要です。私のWindows 8.1 の環境では [ lame_enc.dll ] で正常に録音出来たが [ LAME ***** ACM codec ] ではやり方が悪いのかうまく録音できませんでした?

[ lame_enc.dll ] エンコーダを使用しての録音時順序を紹介します
lame_enc.dll エンコーダーの入手  http://www.rarewares.org/mp3-lame-dshow-acm.php
[ lame_enc.dll ] エンコーダーは以下より入手して 解凍して出てきた中の [ lame_enc.dll ] ファイルをプログラムフォルダ内に入れます。
LAME ***** ACM codec のインストール http://www.rarewares.org/mp3-lame-libraries.php
以下の [ LAME ***** ACM codec ] より入手して、解凍して出てきた中の[ LameACM.inf ] ファイルを右クリックからインストールをクリックしてインストールします。
F 12  - 設定 _ 詳細設定
Lame_enc.dll のほうをチエック。
デバイス設定
今回は USB デバイスのマイクを接続してテストしました。 マイクを USB に差し込んでプログラムを起動すると自動に読み込まれます。
録音と再生ボタンを押して録音を開始します。
録音できましたら後から再生して確認して、必要な部分のみを編集して保存できます。


ホーム | フリーソフト
Windows 98 | Windows XP | Windows Vista | Windows 7 | Windows 8 | Windows 10
サイトマップ | 利用規約及びリンクについて | プライバシーポリシー | メール送信フォーム
Copyright (C) Mikasaphp All Rights Reserved