ホーム | フリーソフト


Macrium Reflect Free  6.1   イギリス製のドライブイメージ バックアップソフト
ウィンドウズシステムドライブをウィンドウズが起動した状態でバックアップ出来ます、ドライブイメージバックアップソフトです。 又データーを救出出来る PE エキスプローラーとコマンドプロンプトが付属するレスキューディスクも作成できます。 
スポンサー
コメント:
Windows インストールのドライブ、パーテーションは全てレスキューディスクをお使い下さい。

 製作者  http://www.macrium.com/..
 入手サイト  Download.cnet.com
 入手サイト  Softpedia.com
 インストール  インストール、レスキューディスク、ブートメニューへ登録
 対応OS  XP/Vista/7/8/8.1/10   ( 32/64 )
 言語使用  英語
 最終更新日  2015年12月25日


主な機能
ディスク、パーテーションをイメージでバックアップと復元。
ディスクのクローンを作成。
イメージファイルからファイルの抽出。 ( PC へイメージファイルを仮想化して取り出します )
高圧縮バックアップ。 ( 標準で圧縮率は中レベル )
ドライブの使用されているセクターと全体のコピー 。 ( 標準で内容のみをコピーする設定に )
ベリファイ。 ( イメージファイルの整合性を検証 )
スケジュールバックアップ。 ( 無料版は フルバックアップと差分のみを使用出来ます )
バックアップファイルを手動にて更新出来ます。
異なるサイズのパーテーションへ復元。
レスキューディスクを作成。 ( コマンドプロンプト、 PE エキスプローラー付属 )


Edit Defaults - 基本設定 ( そのままでよいです )
Compression 圧縮設定
圧縮設定 圧縮率
 None なし
 Medium ( 標準 )
 High


C ドライブをイメージにてバックアップ
今回はWindows インストールの C ドライブを データードライブの G へバックアップするとして紹介します。

プログラムを起動して画面中央の [ image this disk ..... ] アイコンをクリックします。
1 Source にてバックアップする Cドライブだけにチエックを入れます。
2 Destination - Folder にて保存先を指定します ( ルートに日本語を含まない場所を指定 ) 。
[ 下部の Advanced Options ] より圧縮設定できます。
3 Backup filename に保存名を半角英数字で入力します ( Windows10とか ] 。
[ Use the Image ID ........... ] をチエックすると自動に保存名が決められます。
4 Finish をクリックします。
Next をクリックしますとスケジュール設定の画面が出てきます。 スケジュール設定は後から出来ます。
5 このバックアップ定義を保存します。 標準でドキュメントフォルダに自動に保存されます。 よろしければ 0K をクリックします。
Save backup and schedules ......  バックアップ内容を XML ファイルで保存すると以下の事が出来ます
バックアップを初めから実行することなく、同じバックアップを直ぐに再実行出来ます。
バックアップをスケジュール登録。 
ワンクリックで実行 ( 更新 ) するためのショートカットをデスクトップに作成する事が出来ます。
6 バックアップ中です ....
7 ............Successfully .......にて終了です、OKをクリックして閉じてプログラム画面を全て閉じてバックアップの終了です。
* Backup Definition Files に定義ファイルが登録されます。
XML 定義ファイルより手動でバックアップファイルを更新できます
Full (全体 ) と differential ( 差分 ) にてバックアップファイルを更新出来ます。
バックアップファイルを更新するショートカットをデスクトップへ作成出来ます。
Prompt : Full , differentia , incremental を選択出来る画面を表示。
Full : 全体
differential : 差分 ( 元ファイルを基本に増えた分をバックアップします )
incremental : 増分 ( 前回バックアップした時点から増えた分をバックアップします )
   増分は無料版では使えません


Restore - 復元
今回はデータードライブ F: を復元するとして紹介します。
システムドライブはレスキューディスクにて復元されて下さい ( 推薦 ) 。
1. メニュー タブの [ Restore ] をクリックします。
2 右ウィンドウ下部より復元するデーターをマウスで選択します。
バックアップファイルが見当たらない時は [ Browse for an image file ] から指定出来ます。
3 [ Restore Image ] アイコンをクリックします。
2 上に表示のバックアップデーターを下の保存先にドラック&ドロップで指定します ( 緑色の枠で表示されます )。  [ Copy select patitions ] をクリックすると自動に元の復元先が指定されます。 [ Undo ] ボタンで操作を取り消せます。 設定後、 Next をクリックします。 
[ Restored partition properties / サイズ設定 ] 今回は元の場所へ復元するので何もしないで進みます。
指定  サイズ  コメント
 Maximum Size   最大  復元先のサイズを変更せずに復元。
 Minimum size  最小   バックアップファイルの使用量ぎりぎりのサイズになります。 
 Original Size / 標準   同じサイズ   バックアップファイルと同じサイズになります。 
注意
[ Minimum size ]  又は [ Original Size ] を選択して復元先のパーテーションが復元にて縮小された場合、縮小された分は [ 未使用領域 ] となります。
3 復元内容を確認して Finish をクリックします。
4 最終確認画面です、復元先を確認して間違いがありませんでしたら [ continue.. ] をクリックして開始します。
5 Restore completed .... にて復元の終了です、OKをクリックで閉じます。 プログラム画面を順次閉じて全て終了です。


イメージファイルを仮想化 ( マウント ) してファイルを抽出
1 Restore  選択 ( バックアップファイルを右クリックより Explore Images を選択で一発で表示できます )。
2 バックアップファイルを選択して [ Brows Image ] アイコンをクリック。
3 以下の画面にてバックアップデーターにチエックを入れてPC で現在使われていない表示するドライブ名をプルダウンメニューより選択してOK クリックでイメージファイルが PC に表示されます。
* [ Enable access to restricted folders ]  をチエックにて制限されたフォルダへアクセス出来るようになります。
* マウントをキャンセルするには登録のドライブを右クリックより Macrium Reflect → Unmount Macrium Image にて消えます。


Creating and Editing a Backup Plan - スケジュール登録
[ Disk Image ] を選択して右のタブメニューの [ Backup Definition Files ] を選択、ウィンドウよりスケジュール登録するバックアップ定義 のXML ファイルを選択してスケジュール登録のアイコンをクリックします。バックアップの際に作成の XML 定義ファイルが作成されている必要があるようです。

 スケジュール登録順序
1 Select a Template for you Backup Plan バックアップ プランのテンプレートを選択します
無料版で使えます Differential Backup Set ( フルバックアップと差分 )  テンプレートを選択します。
2 Add / Edit Schedules
Full : 全体
Differential : 差分
incremental : 増分 ( 無料版では使えません )
Backup Type に登録の [ Full ] もしくわ [ differential ] を直接 W クリックして設定します。
3 Define \retention Ruls 保存期間を設定
Apply retention rules to matching backup sets in the target folder. (標準 )
ターゲットフォルダ内のバックアップ・セットに一致するルールを適用します。 今編集しているファイルが入ります。
Apply retention rules to all backup sets in the target folder.
ターゲットフォルダ内のすべてのバックアップ・セットにルールを適用します。
Backups :保存する回数を設定
Days : 保存する日数を設定
Weeks : 保存する週数を設定
4 登録が設定できましたら Finish クリックで登録を確定します。
5 Scheduled Tasks User Name / ログオン設定画面が出てきます
User Name / ユーザーネームと Password / ログオンパスワードを入力してOKクリックで終了です
* Scheduled Backups にて登録を確認できます、又この画面にて登録の再編集等が出来るようです。


ホーム | フリーソフト
Windows 98 | Windows XP | Windows Vista | Windows 7 | Windows 8 | Windows 10
サイトマップ | 利用規約及びリンクについて | プライバシーポリシー | メール送信フォーム
Copyright (C) Mikasaphp All Rights Reserved