ホーム | フリーソフト


ERUNT WindowsXP 回復コンソールにてERUNTバックアップファイルで復元します
WindowsXP が起動出来ない時に、Winows XP インストール CD ディスクを使用して回復コンソールを起動して ERUNT バックアップファイルの [ ERDNT.CON ] バッチプログラムを実行して復元出来ます。  ERUNT がインストールされている必要があります!
スポンサー

 ERUNT  http://www.larshederer.homepage.t..
 DOWNLOAD  製作者サイトより入手
 JP プログラム  http://www.nihongoka.com/
 対応OS  NT/2000/XP/2003
 言語使用  英語
 最終更新日  2009年10月27日


関連ページ及びサイト
Windows XP のインストール用起動ディスクを入手する方法 by Microsoft
リカバリCDの方、又はCD-ROMをお持ちでない場合は、WinXP 起動ディスクから回復コンソールを起動出来ます。6 枚のフロッーピディスクが必要で全てフォーマットします、入手のプログラムを実行されて順次一枚筒書き込みます。起動方法は、一枚目のフロッピーを入れた状態でPC を再起動し、次に「Win......Setup Disk#2」と出ましたら2枚目を入れてEnter キーを押し後は、順次入れ変えて以下の紹介画面のNO3 のセットアップ画面が出ますので作業を以下のように進行して同じくERUNT にて復元されて下さい。
回復コンソールインストール
標準で回復コンソールは、インストールされていませんが CD-ROM よりインストール出来ます。
回復コンソールに自動ログオン
回復コンソールからログオン出来ない場合は、回復コンソールを自動ログオンに出来ます!


回復コンソールを起動します _ WindowsXP Professional
1 ウィンドウズCD-ROMを入れて再起動後以下の画面にて「Enter」 キーをプッシュ!

Press any key to boot from CD

2 セットアップ開始画面

Windows Setup
=============
 Setup is Loading files ( Windows Executive)...
3 「R」 キーを押して回復コンソールを選択する。

Windows XP Professional セットアップ

セットアップの開始

セットアップ プログラムのこの部分では、Microsoft Windows (R) XP
のインストールと設定を準備します。

Windows XP のセットアップを開始するには、Enter キーを押して
ください。

インストール済みのWindows XPを 回復コンソールを使って修復
するには、 Rキーを押してください。

Windows XP をインストールしないでセットアップを終了するには、
F3 キーを押してください。
Enter - 続行  R - 修復 F3 - 終了
4 キーボード 決定画面です。「半角 /全角」 キーを、押します。

Windows XP Professional セットアップ
===================



使用許以下のいずれかのキーを押して、キーボードの種類を決定
してください。

半角/全角 キー :106 日本語キーボードの場合
スペースキー   :10? 英語キーボードの場合
'S  キー' :その他のキーボードの場合
セットアップを終了するには、F3キーを押してください。
5 Y を選択

Windows XP Professional セットアップ
===================



以下のキーボードが選択されました。

106 Japanese Keyboard ITncLuding USB )
よろしいですか ? ( Y / N )

回復コンソールが起動
6 修復するWindows にログオンします! ドライブにインストールの OS が表示されます、以下は [ 1 : WINDOWS ]
と 1つのウィンドウズXP が表示されていますので、[ 1 ] と入力してEnter キーを押します!

Microsoft WindowsXP (TM)  回復コンソール

回復コンソールは、システムの修復と回復機能を提供します。

Exit と入力すると、回復コンソール終了し、コンピューターを再起動します。


1 : WINDWS

どの Windows インストールにログオンしますか? (取り消すには Enter キーを押して下さい) 1
 <- ここに入力


ログオン可能なOSは、XPのみで、1 : WINDWS と表示されていますので末尾に番号1を入力してEnter キーを押す。
7 パスワードの入力画面です! パスワードを入力します。パスワードを設定していない場合、空白を使用の場合は、そのまま「Enter」 でよいです。

Microsoft WindowsXP (TM)  回復コンソール

回復コンソールは、システムの修復と回復機能を提供します。

Exit と入力すると、回復コンソールを終了し、コンピューターを再起動します。


Administrator の パスワードを入力して下さい)
* <- ここに入力

ERUNT で復元
C:\Windows\ERDNT\AutoBackup フォルダ内に移動して、復元したい期日のバッチコマンドファイルの ERDNT.CON プログラムを指定実行して復元します。

 回復コンソールで今回使用ののコマンド!
cd コマンド : ディレクトリ(フォルダ)に移動する場合に使用、 cd の後は、半角空けます。

 cd [ 半角空ける] 後にフォルダのアドレスを指定する。 フォルダ階層は [ \ ] にて区切ります。
batch コマンド : 複数の処理をまとめて実行出来る batch プログラムを実行するコマンド

 batch [ 半角空ける ] 後にバッチファイルを入力

注意
ERUNT BAK ファイルの指定は 単数値の [ 1 ] の指定は [ 01 ] と同じく指定入力してください(間違えやすい?)。

復元のポイント
通常は、 ウィンドウズが起動出来なくなった一日前の期日のファイルを初めに指定してみましょう、解決されない場合は、さらに
以前の保存ファイルを指定します。

以下は、「2008年-10月-05日」 の復元ファイルを実行するとして進めます!

8 自動保存された「2008年-10月-05日」 のフォルダに移動する!入力後Enter キーを押す!


Microsoft WindowsXP (TM)  回復コンソール

回復コンソールは、システムの修復と回復機能を提供します。

Exit と入力すると、回復コンソールを終了し、コンピューターを再起動します。


Administrator の パスワードを入力して下さい)


C:\WINDOWS>cd [ 半角開ける ] erdnt\autobackup\2008-10-05

自動保存されたファイルへのアクセスのアドレスを控えて置きます! 復元の際に適応する日付のファイルは、その時に応じて指定するとよい。
9 バッチプログラム ERDNT.CON を、実行します!入力後Enter キーで実行!


Microsoft WindowsXP (TM)  回復コンソール

回復コンソールは、システムの修復と回復機能を提供します。

Exit と入力すると、回復コンソールを終了し、コンピューターを再起動します。


Administrator の パスワードを入力して下さい)


C:\WINDOWS\ERDNT\AUTOBACKUP\2008-10-05 >batch erdnt.con

               ↑
            移動しました!
10 復元が実行されます。


Microsoft WindowsXP (TM)  回復コンソール

回復コンソールは、システムの修復と回復機能を提供します。

Exit と入力すると、回復コンソールを終了し、コンピューターを再起動します。


Administrator の パスワードを入力して下さい)


C:\WINDOWS\ERDNT\AUTOBACKUP\2007-10-23 >batch erdnt.con

1 ファイルをコピーしました。
1 ファイルをコピーしました。
1 ファイルをコピーしました。
1 ファイルをコピーしました。

1 ファイルをコピーしました。
1 ファイルをコピーしました。

1 ファイルをコピーしました
11 exit と入力して、Enter で、再起動されます。 終了です。


Microsoft WindowsXP (TM)  回復コンソール

回復コンソールは、システムの修復と回復機能を提供します。

Exit と入力すると、回復コンソールを終了し、コンピューターを再起動します。


Administrator の パスワードを入力して下さい)


C:\WINDOWS\ERDNT\AUTOBACKUP\2007-10-23 >exit


ホーム | フリーソフト
Windows 98 | Windows XP | Windows Vista | Windows 7 | Windows 8 | Windows 10
サイトマップ | 利用規約及びリンクについて | プライバシーポリシー | メール送信フォーム
Copyright (C) Mikasaphp All Rights Reserved