HOME l  Free Software ( フリーソフト トップページ ) l IBM Homepage Builder


IBM Homepage Builder V11  基本フォントとページ余白の指定
ページの編集をする前に必ず基本となるフォントのサイズとページの余白の指定を決めておきます。

BODY / ページ内、TH / 見出し、TD / テーブル内、 のフォントサイズとページ余白を、スタイルで一括指定する方法を紹介しています。
スポンサー


スタイルシートマネージャー起動
メニューの 表示(V) _ スタイルシートマネージャー(C) 選択 _ 左ウィンドウよ り「埋め込まれたスタイルシート」 選択 _ 追加(T) クリック!

基本フォントの設定 _ 左図参考!

HTML タグ名(M)
BODY にTH,TD,DIV と追加入力。

フォント選択 _ サイズ(S)
ポイントより (9) と入力

引き続きページの余白は以下へ!

ページの余白の指定

レイアウト選択 _ マージン(A)
ポイントより(0) を選択にて上下左右の余白は0 となる。 後で変更可能

<!DOCTYPE HTML PUBLIC "-//W3C//DTD HTML 4.01 Transitional//EN">
<HTML>
<HEAD>
<META http-equiv="Content-Type" content="text/html; charset=Shift_JIS">
<META http-equiv="Content-Style-Type" content="text/css">
<TITLE>Mikasaphp</TITLE>
<STYLE type="text/css">
<!--
BODY,TH,TD,DIV{
font-size : 11pt;
margin-top : 0pt;
margin-left : 0pt;
margin-right : 0pt;
margin-bottom : 5pt;
line-height : 15pt;
}
-->
</STYLE>

</HEAD>

青の部分が、「内部スタイル」 にて指定されてます。以後再編集より変更する又は直接タグデーターの数値を変更してもよい。


<HEAD>から</HEAD>までの間に入力にて有効になる。
[ * pt ] の数値を好きに変更するとよい。


[ line-height : 15pt; ] は行間です。


mikasaphp.net  ( ホーム ) l Free Software ( フリーソフト トップページ )
Windows 98 l Windows XP l Windows Vista l Windows 7 l Windows 8 ( ウィンドウズ紹介ページ )
Sitemap ( サイトマップ ) l 利用規約及びリンクについて l プライバシーポリシー l メール送信フォーム
Copyright (C) Mikasaphp All Rights Reserved