ホーム | フリーソフト


GlassWire  ファイヤーウォールとネットワーク監視機能
GlassWire セキュリティーソフトはネットワークを監視する機能を備えたファイヤーウォールソフトです。 ファイヤーウォール機能は通常のパーソナルファイヤーウォールソフトとは異なり、基本的に外部への通信は許可設定でブロックする場合は後から確認してブロックする形になります。 管理人の Windows 10 ではGlassWire インストール後は Windows ファイヤーウォールは有効のままで ? 同時に使えるようです。
スポンサー

 製作者  https://www.glasswire.com/
 入手ページ  https://www.glasswire.com/download/
 インストール  http://mikasaphp.net/glasswireinstall.html
 対応OS  7/8/81/10  ( 32/64bit )
 言語使用  日本語対応
 最終更新日  2015年8月17日


初回ネットワークアクティビティー
プログラムが初めてネットワークへアクセスした場合に以下のように一時的に警告の通知画面が表示されます。 これをブロックしたい場合はファイヤーウォール画面を表示して止めたいプログラム項目の炎のアイコンをクリックしてブロックの状態にして外部への通信を止めます。

グラフ画面
プログラムのアクティビティー ( アクセス ) 状況をグラフにて表示、過去 30日間まで確認出来ます。 
画面をクリック ( 縦の棒? ) しますと下部にその時間に活動のプログラムと黄色とピンクのアイコンの横にダウンロードとアップロードの通信量が表示されます。
トラフイックについて
ネットワーク全体の通信量 ( 情報量 ) でデーターをダウンロード又はアップロードする際にはトラッフイックが大きいほど全体的に通信速度はその分遅くなります。

ファイヤーウォール画面
この画面からファイヤーウォールのON/有効、OFF/無効又はネットへの接続の許可、ブロックの操作が出来ます。
プログラムをブロックする方法
プログラムの左の炎のアイコン又は上部タブボタンの [ クリックしてブロック ] を 1 クリックでブロックの状態に出来ます。 ブロックしましたプログラムは上部へ移動して表示されます。

ブロックの状態です →
* プルダウンメニューの [ 要求して接続 ] 等は無料版では使えません。

アプリ画面
プログラムを個別に確認出来ます。


使用画面


警告画面
過去に通知のものを表示。


インストール順序 
1 Next をクリックします。
2 [ i accept ...... ] にチエックを入れて Next をクリックします。
3 以下の状態で Next をクリックします。
4 Next をクリックします。
5 Install をクリックします。 Windows 10 使用ですのでスタートメニューへの登録は要らないので { Do not .... ] をチエックしています。
6 Finsh をクリックして終了です。
7 日本語化 - 左上のプルダウンメニューより Language _ 日本語を選択します。


ホーム | フリーソフト
Windows 98 | Windows XP | Windows Vista | Windows 7 | Windows 8 | Windows 10
サイトマップ | 利用規約及びリンクについて | プライバシーポリシー | メール送信フォーム
Copyright (C) Mikasaphp All Rights Reserved