ホーム | フリーソフト l Windows XP


Windows XP フォルダオプション!

フォルダの表示設定等のカスタマイズが出来ます。ウィンドウズのメンテナンス作業の際には、隠しファイル等を一時的に表示する事も出来ます、隠しファイルには、重要なウィンドウズ・システムデーター等があります。

隠しファイルを表示しての作業終了後は、セキュリティ上、必ず設定を元に戻して置きましょう。
スポンサーリンク


フォルダオプションを表示
どのフォルダでもよいのでフォルダを表示して表示のフォルダメニューより [ ツール(T) ] 選択 _ [ フォルダオプション(O) ] をクリックします。

メニュータブ _ 表示

隠しファイル、フォルダを表示
「すべてのファイルとフォルダを表示する。」 を選択します。
ウィンドウズシステムファイルを表示する。
「保護されたオプレーティングシステムを表示しない。」 のチエックを外す。 警告が出ますが、無視しても構いません。「OK」 ボタンを押して反映されます。
登録されている拡張子は表示しない
セキュリティー上必ずチエックを外して全てのファイルの拡張子を表示する様にしておく事を勧めます。

メニュー タブ_ 全般
フォルダの表示設定を変更出来ますが通常は標準設定で良いです。





Windows XP メインページへ戻ります

 スポンサーリンクと他のページの紹介

ホーム | フリーソフト l 特集ページ l リンク l サイトマップ
Windows 98 | Windows XP  | Windows Vista | Windows 7 | Windows 8 | Windows 10
利用規約 及びリンクについて | プライバシーポリシー | メール送信フォーム
Copyright (C) Mikasaphp All Rights Reserved