ホーム | フリーソフト


ffdshow tryouts コーデックフィルターパック
ffdshow は、各種メディアファイルの再生とエンコードをサポートします。 適応されます各種コーデックは、ffdshow を介して再生され、ffdshow をアンインストールされますと再生環境は全て元に戻ります。 「DirectShow のコントロール」 画面よりプログラムを指定して指定のプログラムでのみ使用する事も可能です。

Windows 10 にて正常に動作しない場合はは Windows 8 互換性モードを試してください。
 製作者  ffdshow-tryout.sourceforge.net/
 入手ページ  http://ffdshow-tryout.sourceforge.net/...
 入手サイト  ffdshow プロジェクト日本語トップページ
 インストール  入手、インストール、スプリッタ適応
 互換性モード適応
 対応OS  XP SP2/Vista/7/8/8.1  ....  以降
 言語使用  日本語対応
 最終更新日  2018年7月30日
スポンサーリンク



ビデオデコーダー設定画面 ー 必要なものはほとんど標準で有効になっています
以下は、共有ビデオ FLV 形式の [  YouTube / H264 AVC ] と、 [ On2VP6 ] 等の コーデックフィルターは、有効 (標準で有効) になっています。 DVD は MPEG2 を有効に(標準で有効)。
* デコーダーの プルダウンメニューの無効の部分を [ libacodec ] を選択にて有効になります。
起動メニュー
DXVA Video decoder configuration
ffdshow の使用設定で、特定のプログラムでのみ使用することが出来ます。
VFW の設定
エンコードの設定、再生には、関係ありません。
オーディオデコーダーの設定
音声フィルター有効無効。
ビデオデコーダーの設定
映像フィルター有効無効。
言語
英語表示の場合は「トレイ、ダイアログ、パス」より Langageを japanese を選択で日本語になります。

DVD の再生
ビデオ デコーダーにMPEG2 を有効にし、オーデイオ デコーダーに AC3Filter ( ドルビーサウンド音声 ) も有効にして下さい。


VFW Encoder - 圧縮に FFDshow を使う!
各種エンコードツールにて FFDshow を指定しますと ビデオエンコーダー画面が出てきます。 たとえば?映像コーデックを選択するとその中にFFDshow 項目が載っていますのでそれを選択して FFDshow エンコード画面から 圧縮コーデックを選択、設定をして最後に下方のOKボタンで決定します。

映像の圧縮設定順序
1. エンコーダー
使用の エンコーダーを 選択。
2. FOURCC:
形式を選択。
3. モード
標準で 1 パスとなる。 2 パスのほうが綺麗に処理されますがその分時間がかかります。
4. ビットレート
圧縮レベルを指定する。 
5 下方の 適応、OK ボタンを押して決定。

 スポンサーリンクと他のページの紹介


ホーム | フリーソフト l 特集ページ l リンク l サイトマップ
Windows 98 | Windows XP  | Windows Vista | Windows 7 | Windows 8 | Windows 10
利用規約 及びリンクについて | プライバシーポリシー | メール送信フォーム
Copyright (C) Mikasaphp All Rights Reserved