ホーム | フリーソフト


ExtremeCopy Standard Edition  Version 2.1.0 無料版  高速コピーソフト
ファイルのコピーと移動を高速化するファイルコピーソフトです。 インストール後ウィンドウズの転送機能が自動に ExtremeCopy に切り替わります。
スポンサー

主な機能
エクスプローラーと統合。
ベリファイ機能
Professional Edition は体験版で、スタンダード版は一部機能に制限があります。

 製作者  http://www.easersoft.com/index.php
 DOWNLOAD  http://www.easersoft.com/product.html
 日本語言語ファイル  フリーソフトの書架 さん
 対応OS   XP/2003 , Vista/7/8 ( 32/64bit ) ( 8.1 動作確認 )
 言語使用  マルチ言語で標準で日本語言語は含まれません。
 最終更新日  2014年2月8日


Windows 8. 1
設定が出来ない部分がありましたが基本的なコピー、移動は出来ました。 
上書きの設定について
Windows 7/8.1 では設定出来ませんでしたが同名のファイルがある場合にどうするか?操作の確認画面が問題なく出てきました。

コピー画面です
同名のファイルがある時に表示の確認画面


入手 - http://www.easersoft.com/product.html
[ Version 2.1.0 ] は ダウンロードページの下部から入手できます。


インストール 
今回は インストール版でご紹介します。 
1 Next をクリック。
2 [ I accept the ......... ]  .にチエックを入れて Next をクリック。
3 Next をクリック。
4 Custom を選択して Next をクリック。
5 Next をクリック。
6 [ Install ] をクリック。
7 [ Finish ] をクリックで終了です。


日本語化 - http://siown118.blog.fc2.com/blog-entry-34.html
1 バージョンに合った日本語言語ファイルを入手して [ XCRes_JPN.dll ] ファイルをプログラムフォルダ内の [ Language ]フォルダに入れます。   アドレス -  C:\Program Files\Easersoft\ExtremeCopy\Language
2 プログラムを起動して [ Configuration ]  をクリックします。
3 Language : より [ Japanese  ] を選択して OK をクリックします。


ポータブル版
ポータブル版はエクスプローラーと統合出来ないのでファイルの指定と保存先を手動で指定します。

日本語化
1 プログラムフォルダ内の [ Language ] フォルダに [ XCRes_JPN.dll ] ファイルをいれてプログラムを起動します。
2 Tool _ Configuration より Japanese を選択してOKクリック _ OK クリック _ Exit _ プログラムを再起動にて反映します。
3 OKクリックしてプログラム画面で Exit をクリック。
4 プログラムを再起動します。

コピーと移動の実行
[ ExtremeCopy.exe ] プログラムを W クリックして起動し、以下の画面の上の [ 元のファイル/フォルダ ] より転送するデーターを選択し、下の [ コピー・移動先 ] に転送先を指定して[ コピー ] 、 [ 移動 ] ボタンを押して転送を実行します。
設定画面



ホーム | フリーソフト
Windows 98 | Windows XP | Windows Vista | Windows 7 | Windows 8 | Windows 10
サイトマップ | 利用規約及びリンクについて | プライバシーポリシー | メール送信フォーム
Copyright (C) Mikasaphp All Rights Reserved