ホーム | フリーソフト


EagleGet 2.0.4.20  構成設定
EagleGet の構成設定紹介のページです。 

設定が反映されない時?
設定が反映されない場合は 起動アイコンを右クリックから [ 管理者として実行 ] を選択して管理者にて起動して設定されて下さい。
EagleGet が反応しない?
ブラウザアドオン( 拡張機能 ) が有効になっているか確認されて下さい。 
スポンサーリンク
 製作者  http://www.eagleget.com/jp/
 入手ページ  http://www.eagleget.com/jp/
 入手サイト  Softpedia
 ポータブル版  Softpedia
 Chrome 拡張機能  https://chrome.google.com/webstore/
 対応OS  XP, Vista/7/8/10 ( 32/64 bit )
 言語使用  日本語対応
 最終更新日  2017年3月14日


構成設定
一般
EagleGet をWindows スタートアップに登録
EagleGet をウィンドウズ起動時に自動起動させます。 ブラウザ又は環境によっては EagleGet が起動の状態でないと反応しない事があるかも?しれません。 その際は自動起動させてみて下さい。
EagleGet の向上を支援するための EUEP に参加
品質向上に協力しないのなら無効にしてください。 標準で無効。
デフォルトの保存先
デフォルトの保存先 に圧縮ファイル、メディア等の種類別にフォルダが作成されます。 [ ダウンロードを自動的に分類 ] を有効で自動に振り分けられます。 標準で保存先はドキュメントフォルダ内になります。 私は Download フォルダ内に [ EG Download ] としてフォルダを作成して指定しています。
接続
接続のサイトにかかります負荷を考慮して [ 最大スレッド数 ] 、[ 最大同時ダウンロード数 ] を設定されて下さい。 
監視
ブラウザと統合の [ 修復 ] ボタンをクリックして拡張機能 ( アドオンを ) を再適応する事が出来ます。
自動操作
通知
キャプチャー


 スポンサーリンクと他のページの紹介


ホーム | フリーソフト
Windows 98 | Windows XP | Windows Vista | Windows 7 | Windows 8 | Windows 10
サイトマップ | 利用規約及びリンクについて | プライバシーポリシー | メール送信フォーム
Copyright (C) Mikasaphp All Rights Reserved