ホーム | フリーソフト


Driveimage XML
ドライブ、パーテーションをイメージにてバックアップするソフトです。 他にバックアップのイメージデーターの参照と抽出、他のHDへの復元、HD 間のダイレクトコピー機能などがあり、ツールメニューとして タスクスケジューラによる自動バックアップ、Fix Vista boot problem (Vista-BCDストアの修復)があります。
スポンサー
ウィンドウズシステムドライブのバックアップ&復元
ウィンドウズがインストールされているシステムドライブのバックアップ/復元は、ウィンドウズ互換のブートCD の Bart PE を使用するとよいです。

残念ですが Windows XP ベースの Bart PE はライセンスの問題なのでしょうか?現在は作成できません。 Windows Vista ベースの Vista PE というのがありますがこのサイトでは紹介しておりません。

 製作者  http://www.runtime.org/dixml.htm
 DOWNLOAD  http://www.runtime.org/driveimage-xml.htm
 対応OS  XP/2003/Vista/7/8/10
 言語使用  英語
 最終更新日  2009年10月27日


注意
CD/DVD メディアへは 直接保存は出来ません、HD内に保存し、PC外には後から保存してください。
バックアップファイル容量以下のドライブ、パーテーションへの復元は出来ません。 異なるドライブへの復元は未検証です。

システムドライブのバックアップ検証 - Bart PE 使用!
OS C ドライブ容量 使用量 イメージバックアップ( 圧縮) 出来上がり容量
WindowsVista Home Premium 50.7GB 20.3GB 10.8GB
WindowsXP Professional 40.0GB 4.40GB 3.37GB

バックアップ
システムドライブのバックアップと復元作業の映像が取れないので 、データードライブ D のバックアップと復元
をするとして紹介します。
1. バックアップするドライブを選択します!
左メニューの Backup をクリックして 右ウィンドウに表示の中からバックアップするドライブを選択して、 Next ボタンをクリックします。
2. ドライブ バックアップ ウィザードの開始! 指定のドライブが表示されますのでドライブ名等を確認して Next をクリック。
3 バックアップ設定です、保存場所、圧縮レベル等を指定して Next クリックにて開始します。


Directory
バックアップファイルを保存する場所を指定します。

Options 設定
システム/データードライブ等すべて上図の設定でよいです!

Raw mode 元ドライブと保存するファイルは等しくなるとの事、より正確なコピーをするのなら Raw mode を選択するとよいとヘルプファイルに記載されています。

Split lage files (推薦) 分割する。

保存先のドライブがFAT システムの場合、 FAT は 4GB以上のファイルは保存出来ないのでこちらを選択する。 

Compressed (推薦) バックアップファイルの圧縮設定

[ Good Compressed ] にて 約 40% 以上の圧縮が可能なようです。


一例 33GB のドライブの場合

圧縮レベル 内容 時間 サイズ
NO Compressed 圧縮しない 13分 33GB
Fast Compressed 圧縮 15分 22GB
Good Compressed 高圧縮 (推薦) 50分 12GB

Hot Imaging Strategy / イメージバックアップ指定
Try Volume Locking first(推薦) ファイルが使用されているためドライブをロック出来ない時は 自動に 「Microsoft's Volume Shadow Service (VSS)」 が使用される。

Try Volume Shadow Services first Microsoft's Volume Shadow Service (VSS) 使用。

4. 終了画面です、 Finished ボタンを押してバックアップの完了です。


復元
1. 復元のドライブの指定!
左メニューの Restore を選択して右ウィンドウに表示されたドライブから復元するドライブを指定してNext をクリック!
2. 復元ファイルを指定!

指定のドライブのバックアップファイルを指定して Nsxt をクリック!

3. バックアップされるドライブ情報が表示 されます、Next をクリック!


4. 復元するイメージファイル情報が表示されます、 Next をクリック!
5. 上書き確認画面
復元するディスク番号を入力して、OK ボタンを押して実行します! 下図の場合は D ドライブとなり、 DISK0#2 と
入力して実行します。
DISK0 ディスク番号
HD×1台装備で0 ( ゼロ ) となるようです。
#2 パーテーション
第二パーティーションと言う事。

Cドライブは #1となる。


* ロックエラー画面
復元するパーティーションがロック出来ないと表示の場合は、無視して実行できますが? 保障できません。
6. Resore finished と出ましたら完了です。


バックアップファイルよりデーター取り出す!
1. Browse よりバックアップファイルの XML ファイルを選択する。
2. Folder からドライブ/フォルダを指定して右ウィンドウへ展開表示して取り出したいファイルを右クリックより 「Extract」
を選択にて保存します。



ホーム | フリーソフト
Windows 98 | Windows XP | Windows Vista | Windows 7 | Windows 8 | Windows 10
サイトマップ | 利用規約及びリンクについて | プライバシーポリシー | メール送信フォーム
Copyright (C) Mikasaphp All Rights Reserved