ホーム | フリーソフト


ソフトウェアーアンインストール後に残った不要なデーターを手動で削除

ユーザーが後からインストールしたソフトウェアーをアンインストールし、不要に残ったデーターを手動で削除します。

削除する判断は自己判断で削除することになります。 安全のために復元ポイントを作成する等、バックアップを取ってから作業 を行ってください。 また削除しても良いのか?確認できない時は削除しない方が無難です。 Windows 関連のデーターもありますので注意が必要です。

管理人が個人的にクリーンアップしている事ですのであしからず .......
スポンサーリンク
 対応OS  Vista/7/8/8.1/10
 最終更新日  2017年7月21日



ユーザーが後からインストールのソフトウェアーのデーターが保存される場所
削除後、後からゴミ箱よりファイルを右クリックから [ 元に戻す ] にて元に戻す事が出来ます。
隠しファイルです

既定のインストール場所
C:\Program Files フォルダ
インストールのソフトウェアーに関連する重要なデーターが置かれます場所 ( 使用しない事もある )
C:\Program Files\Common Files フォルダ
C:\ProgramData フォルダ
ProgramData は ファイル名を指定して実行に [ C:\ProgramData ] と入力して OK クリックで表示できます。
インストールのソフトウェアーの設定情報等を保存するフォルダ
C:\Users\ユーザー名\AppData フォルダ
ここにインストールするソフトウェアーも稀にあります。
AppData はファイル名を指定して実行に [ appdata ] と入力して OK クリックで表示できます。
Windows 10 隠しファイルを表示
どれでもよいのでフォルダを表示、上部メニューの [ 表示 ] _ [ 隠しファイル ] にチエックを入れて表示します。


インストールのソフトウェアーのレジストリデーター
管理人が Windows XP 時代より定期的にチエックをして既にアンインストールのものがありましたら手動で削除しているものです。 基本的にウィンドウズ上に不要に残っているファイル、フォルダを削除してからチエックして処理しています。

レジストリ エディターの起動
レジストリ エディターは ファイル名を指定して実行に [ regedit ] と入力して OK クリックで起動します。
場所 ⇒ C:\Windows\regedit.exe  ( 私と同じ道を?行くのならショートカットを作成しますか )

以下の3箇所をチエック!
HKEY_CURRENT_USER\Software
HKEY_LOCAL_MACHINE\SOFTWARE
HKEY_USERS\S-1-5-21-981311541-176066829-2485567766-1001\Software
削除順序
Software キーを展開して、既にアンインストール済みの不要な登録がありましたら右クリックより [ 削除 ] 又は Delete キーを押し、 [ はい ] を選択して削除します。 削除後PC を再起動してレジストリ編集を反映します。
レジストリデーターをバックアップ
削除するキー又は Software キーを右クリックから、  [ エクスポート ] にて適当な名前を付けてバックアップできます。 復元はバックアップした reg ファイルを W クリックして、 [ ...... 続行しますか ]  は [ はい ] を選択して復元して PC を再起動して反映します。


 スポンサーリンクと他のページの紹介

ホーム | フリーソフト
Windows 98 | Windows XP | Windows Vista | Windows 7 | Windows 8 | Windows 10
サイトマップ | 利用規約及びリンクについて | プライバシーポリシー | メール送信フォーム
Copyright (C) Mikasaphp All Rights Reserved