ホーム | フリーソフト


Clibor  シンプルで高機能なクリップボード履歴フリーソフト
過去にクリップボードにてコピーしたテキスト文字を自動に保存して後から略歴から好きにクリップボードへコピーして使用するソフトです。 Clibor は シンプルですが高機能で内容については 作者サイトにて詳しくご紹介されていますので参考にされて下さい。
スポンサー
クリップボードを最大 1000件記録。
定型文の登録 ( グループ分け可能 ) 。
自動貼り付け。
FIFO/LIFOモード。
クリップボードの略歴を管理。
クリップボードの略歴を検索。
寄付歓迎

 製作者  Amunsさん
 DOWNLOAD  Vector
 DOWNLOAD  窓の杜
 対応OS  2000/XP/Vista/7/8/8.1/10
 言語使用  日本語対応
 最終更新日  2014年7月8日


Windows 8.1 スタート画面へ Clibor 起動アイコンを登録
1 Clibor プログラムフォルダ内の [ Clibor .exe ] 起動ファイルを直接右クリックから [ スタートにピン留め (P) ] をクリックして登録し、 後は 、スタート画面を表示して好きな場所へドラックして配置して下さい。


簡単な使い方
基本的に Clibor を起動の状態で動作します ( タスクバー常駐 ) 。
1 Ctrl キーを 2 度連打して略歴画面を表示します。
* 標準で Ctrl キーを2 度早く押すと略歴画面が表示。
2 略歴の中から使いたいものを 左クリックしてクリップボードへコピーします。
3 右クリックより [ 貼り付け ] にて貼り付けます。
クリップボードの基本的な設定 - タスクバーアイコン右クリックより [ 設定 (S) ] _ クリップボード (L) より。


定型文の登録
よく使用するメールのメッセージ又は 文章を作成の際に頻繁に使用する 一定の 形式で書かれます文章等を予め定型文として登録して後から素早くクリップボードへコピーして使用出来ます。

a 定型文の編集画面より登録、又は編集
タスクバーアイコンを右クリックより [ 定型文の編集 (T) ] をクリックし、[ 新規登録 (N) ] より定型文を追加登録してゆきます。
入力後、 [ 編集完了 (C) ] クリックで編集内容を確定します。
定型文のグループを増やす
タスクバーアイコンを右クリックより [ 定型文グループの編集 (G) ]  をクリックし、 [ 新規登録 (N) ] をクリック、好きなグループ名を入力して[ 登録(I) ] をクリック、元の画面で [ 編集完了 (C) ] クリックで編集内容を確定します。
b 現在のクリップボードの略歴より定型文に登録する順序
定型文の基本的な設定 - タスクバーアイコン右クリックより [ 設定 (S) ] _ 定型文 (T) ]  より。


Clibor タスクバー右クリックメニュー画面



Clibor をスタートアップに登録 ( 自動起動 させる ) 〜 Windows 8.1

1 初めにスタートアップフォルダーに入れます [ Clibor  ] のショートカットファイルを作成します。
Clibor プログラムフォルダ内の [ Clibor.exe ] を直接右クリックから [ ショートカットの作成 (S) ] を選択して作成します。
出来上がりました [ Clibor.exe - ショートカット ] ファイルをそのままでも良いのですが → [ Clibo ] とリネーム ( ファイル名を変更 ) します。
* めんどうならそのままでも問題ないのでリネームしなくても良いです。

2 [ スタートアップ ] フォルダに先に作成の [ Clibor ] ショートカットファイルを入れます。
スタートアップフォルダのアドレス ( 場所 ) ( 隠しファイルになります )
C:\Users\ユーザー名\AppData\Roaming\Microsoft\Windows\Start Menu\Programs\StartUp
AppData フォルダを表示
スタートボタンを右クリックより [ ファイル名を指定して実行 (A) ] に [ appdata ] と入力して OK クリックで表示できます。
タスクマネージャーより登録の確認
デスクトップ画面のタスクバーを右クリックより [ タスクマネージャー (K) ] をクリック → メニュータブの [ スタートアップ ] を選択します。
無効にするには?
上の画面にて [ Clibor ] を選択して右下の [ 無効にする (A) ] をクリックします。 再度 [ 有効にする (N) ] にて再度自動起動になります。又先にスタートアップフォルダに入れた clibor ショートカットを外す ( 削除 ) と自動起動は無効になります。

Clibor をスタートアップに登録 ( 自動起動 させる ) 〜 Windows Vista / 7
Windows Vista / 7 も同じく [ C:\Users\ユーザー名\AppData\Roaming\Microsoft\Windows\Start Menu\Programs\Startup ]
へ Clibor ショートカットアイコンを入れ、初回起動の際の警告画面は無効にすると良いです。 アイコンを外すと自動起動は無効になります。
* AppData フォルダは  [ ファイル名を指定して実行 (A) ] に [ appdata ] と入力して OK クリックで表示できます。

1 初回起動画面は [ この種類のファイル ........... ] のチエックを外して [ 実行 (R) ] をクリックすると次回からはこの画面は出てきません。



ホーム | フリーソフト
Windows 98 | Windows XP | Windows Vista | Windows 7 | Windows 8 | Windows 10
サイトマップ | 利用規約及びリンクについて | プライバシーポリシー | メール送信フォーム
Copyright (C) Mikasaphp All Rights Reserved