ホーム | フリーソフト


BartPE  ウィンドウズ互換のレスキューディスク
作者サイトにて確認
Windows XPを元にブータブルディスクを作成する PE Builder が使用できなくなりました。 ですので BartPE ブートディスクは作成する事が出来ません。  2016年10月23日


CD / DVD ドライブより起動するウィンドウズ互換のブートディスク です。 ウィンドウズが起動不能になった時にBart PE 付属のプログラム [ A43 File Managerment Utilty ] にてHD内 のデーターをUSBフラッシュメモリ等にコピーして救出する事ができます。

Bart PE は、PE Builder にて作成し、作成には 別途にWndows2000/XP/2003 CD-ROM が必要となります、Windows NT4/ME/9x は未対応。 ライセンス上作成された BartPE ディスクは他人へ譲渡することは出来ません。
スポンサー


 製作者  http://www.nu2.nu/pebuilder/
 参考サイト  マイコミジャーナル様 解説サイト!
 参考サイト  PE Builder v3 - Plugin Page
 参考サイト  332 様 各種プラグイン配布サイト!
 対応OS  2000/XP/2003
 言語使用  日本語対応
 最終更新日  2012年1月27日


Bart PE 起動画面

使える無料のバックアップソフト
Draiveimage XML
ドライブイメージバックアップソフト ( プラグイン ) に対応しています。
ERUNT 
Windows XP 定番のウィンドウズ自動バックアップソフトにて過去 1 ヶ月間に保存された復元ファイルの中から任意の期日の復元ファイルを BartPE 標準で付属の [ A43 File Management Utility ] ファイルマネージャーにてシステムドライブへアクセスして実行できます。  ERUNTバックアップファイルの実行は USB メモリ等を外してドライブレターがずれていない状態で BartPEを 起動する必要があります。


BartPE 作成
はじめに [ PE Builder ・ 本体 ] 、[ 日本語サポート・プラグイン ] 、[ Driveimage XML・ プラグイン ] を入手します!
* Driveimage XML が不要なら [ Driveimage XML・ プラグイン ] は適応しなくても良いです。

PE Builder 本体
カスタマイズするのに簡単な Zip 版を入手します。
下方のDownload 項目より、[ Download PE Builder ******* - zip package ]のZIP 版をクリックして 次のページの Download Link より入手!

日本語サポート・プラグイン
lexux-j氏 サイト一番下の 「次ページ」 より [ 日本語サポート・プラグイン ] を入手!
配布ページ - http://www.geocities.co.jp/SiliconValley-Bay/4686/Plugin.html

Driveimage XML 本体 と BartPE Plugins プラグイン
Driveimage XML 本体は、ページ中段ぐらいから、BartPE Plugins プラグインは、一番下方の [ DriveImageXML V*** plugin ]を入手!


Bart PE 作成開始!
1. Windows インストールディスクをCD/DVD ドライブへ抽入して、 PE Builder プログラムフォルダ内の [ pebuilder.exe ] をW クリックして開始します。
* Windows セットアップ画面が出ましたら左下の終了をクリックして閉じてください。
2. [ 同意します(A) ] をクリック。
3. Windows インストールファイルを検索しますか? と出ましたら、[ はい ] をクリックします。
* Bart PE 作成に必要な Windows XP インストール ディスクを指定します。
自動に検出されました、 OK クリックにて閉じます。
4. [ プラグイン ] をクリックしてプラグインを追加して Bart PE をカスタマイズしてゆきます。
ビルダ
ソース
WindowsXP が入っているドライブを指定。
先に検出されて表示されているはずですのでそのままで良いです。
カスタム
そのままでよい!
出力パス
そのままでよい!
メディア出力
「 ISO イメージ作成(I) 」 をチエックします、標準でpebuilderダ内に pebuilder.iso として iso イメージファイルが出来上がります。
プラグインの適応
a. Japanese 207 プラグインの適応
プラグインフォルダ内に追加するタイプです。 解凍して出てきた [ Japanese207 ] フォルダを [ pebuilder ] プログラム フォルダ内の pluginフォルダ内にそのまま入れます。 [ Japanese207 ] フォルダをワンクリックすると中のファイルが全て表示されるフォルダ階層が一つの状態でコピーすると言う事です。
b. Draiveimage XML プラグインの適応
プログラムタイプで PE Builder より指定して適応します。 追加(A)より [ driveimage_xml.cab ] を指定し、出てきた 「 プラグインフォルダ名 」画面にてOKボタンを押して適応。 適応後、閉じる(C) クリックで閉じます、

適応エラーで閉じれない
編集、又はヘルプを参考にして解決する? 面倒ならエラーのプラグインを 選択して、一時的に [ 有効無効 (E) ] ボタンで [ いいえ ]に指定、又は [ 削除(R) ] クリックで削除してから閉じてください。
c. コマンドスクリプトプラグインの追加方法 _ 今回は使用しません。
解凍して出て来た プラグインフォルダを pebuilder プログラム フォルダ内の plugin フォルダ内に入れて ファイルを、Wクリックして実行し、下図の CMD 画面にてウィンドウズCD-ROM が入っているドライブを指定して、Enter にて 適応されます。inf インストールファイル[ **** . inf ] インストールファイルがある場合は inf ファイルを右クリックからインストールを選択して実行します。
C: Windows system32cmd

 Windows XP,**************************
 **********************************
 **********************************
 Draive: G
 ← CD/DVD ドライブ名を入力!
5. プラグインを適応しましたら、ビルド ボタンをクリックします。 [ Bart PE は存在しません、作成しますか? ] とでましたら [ はい(Y) ]をクリック。
6. ライセンス条項に同意して [ 同意します(A) ] クリックで Bart PE を作成します。
7. エラー/ワーニング=0 で正常終了です、 閉じるボタンにて閉じます。 
PEBuilder プログラムフォルダ内に [ Bart PE ] と [ pebuilder.iso ] ファイルが出来上がっていますので、出来た [ pebuilder.iso ]ファイルを、CD メディアへイメージライティングして出来上がりです。
お持ちのライティングソフトにイメージで書き込む機能があるはずです、うまくいかない場合は ImgBurn をお使いください!

Bart PE の起動!
CD ドライブにBoot PE CD-ROM を入れてパソコンを再起動して、「 Press any key to boot from CD 」 と表示されましたら、
「 Enter 」 キーを押します!後は、スタートメニューの GO ボタンより Driveimage XML を選択してバックアップされて下さい。

Press any key to boot from CD


Enter で Bart PE が起動します!



ホーム | フリーソフト
Windows 98 | Windows XP | Windows Vista | Windows 7 | Windows 8 | Windows 10
サイトマップ | 利用規約及びリンクについて | プライバシーポリシー | メール送信フォーム
Copyright (C) Mikasaphp All Rights Reserved