ホーム | フリーソフト


Avidemux 動画編集ツール!
映像編集する上級ユーザー向けの動画ツールです。

変換、圧縮、切り取り、連結、場面の移動等の機能の他に フェードイン ・ フェードアウト( 映像を徐々に映し出し徐々に消えてゆく効果を付ける ) 等の特殊映像効果を適応するフィルター機能が使えます。 
スポンサー
 製作者  http://avidemux.sourceforge.net/
 DOWNLOAD  http://avidemux.sourceforge.net/download.html
 日本語言語  http://tiltstr.seesaa.net/
 対応OS  2000/XP/Vista/7,  Mac/Linux
 言語使用  英語版
 最終更新日  2011年3月21日


日本語化 http://tiltstr.seesaa.net/article/36217139.html
解凍して出てきたフォルダ内の 「 avidemux_ja.qm 」 、「 qt_ja.qm 」 ファイルを、 Avidemux フォルダ内の [ i18n ] フォルダに入れます。
以下は 2011年11月30日現在です




* [ i18n ] フォルダがない場合
i18n フォルダ毎 Avidemux プログラムフォルダ内にコピーして入れてください。
* 日本語化プログラムは 本プログラムと同じバージョンのものをお使いください!でも このタイプはバージョンが合わなくてもそれなりに日本語化されます。


切り取り
以下は、FLV ファイルをコピーにて再圧縮しないで切り取っています。 Aviemux が入力のファイル形式に対応の必要があります、未対応の場合は、コピーではなく映像、音声フォーマットを指定して再圧縮して下さい。

1. 開く( フォルダアイコン ) よりファイルを取り込
2. 出力設定

映像 コピー
音声 コピー
形式 FLV - 元ファイルと同じ形式を指定する。

3. 切り取る範囲を指定
(赤枠) 切り取る部分を、A 開始点/B終了点で指定する。
4. 保存ボタンを押して切り取り開始、保存名は [ ***.flv ] と
拡張子も指定する。


連結
ファイル(F) - 追加(A) より 連結したいファイルを順次取り込みます。 ファイル形式、内容が同じものでないと連結できません。



映像編集
映像場面を切り取りにてカットする又は、コピーして貼り付けて移動出来ます。 編集する範囲は、 A / B ボタンで指定します!
編集をリセットにて何度もやり直せます。

1 編集操作メニュー

編集をリセット(R) 現在の編集を取り消し
切り取り 開始点A/終了点Bにて指定の部分が対照となる。
コピー
削除
貼り付けト スライダーの位置に貼り付けます。

2.. 編集したい映像部分を指定する。
スライダーで指定してから A/B ボタンで開始終了点を打
ち込みます。
場面の移動
開始点A/終了点B にて指定の部分を 「コピー(C)」 にてコピーして次にスライダーにて抽入するフレームの位置を指定して 「ペースト(P)」 にてコピーの映像を抽入する。


H264-AVC + MP3 Lame にてエンコード!
圧縮設定は 「構成」 より!

1. 開くよりファイルを取り込む
2. 変換設定および出力設定

映像 MPEG-4 AVC (×264)

構成ボタンを押して圧縮設定
Encoding Mode → 固定ビットレート選択
音声 MP3 (LAME)
ビットレートは低めで 64。
形式 AVI

4. 保存ボタンを押して圧縮変換開始! 保存名は [ ***.avi ] と拡張子も指定する。


フイルター - フェードイン ・ フェードアウト - 映像を徐々に映し出し徐々に消えてゆく効果を付ける
左メニューの「フィルタ」 を選択、フィルターマネージャーが起動します、 l←→l 変換 フィルタを選択し、 Fade ボタンを押してフェードインを登録します次に今度は フェードアウトを登録します。 フェード時間は、30 〜40 フレームぐらいが適当です。
右ウィンドウに以下のように登録されます!


初めから 40 フレームまでをフェードインに指定。 終わりの 40 フレーム前からフェードアウトして行きます。



ホーム | フリーソフト
Windows 98 | Windows XP | Windows Vista | Windows 7 | Windows 8 | Windows 10
サイトマップ | 利用規約及びリンクについて | プライバシーポリシー | メール送信フォーム
Copyright (C) Mikasaphp All Rights Reserved